Go further

~Online Business Coaching Masterのブログ~ 日本NO1ビジネスコーチング企業Formula Inc.のCEOによる就活生、社会人の為の気付きの宝庫。


テーマ:

当社Formula Inc.の能力カウンセリング用スマホアプリ、“仕事のすすめ(英語名 JOBIST)”が各方面で取り上げられています。チェックしたらダウンロードを!

 

<アプリレビューサイト>

 ・App Library   http://app-library.com/archives/17885 

 ・meeti(ミートアイ) http://i.meet-i.com/?p=68903 

 ・App Walker    http://app-walker.jp/iphone-2/59324.html 

 

iTunes URL>

https://itunes.apple.com/jp/app/shi-shinosusume-dongku-rennotamenokaunseringu/id711358147?mt=8&ign-mpt=uo%3D4 

 

Google play URL>

https://play.google.com/store/apps/details...

 

今日の一言。

 

 「冷静に、落ち着いて、相手の立場を考えて」

 

加害者の保険会社との交渉は、かなり骨の折れる状況だ。加害者は過失が自分にあるから0:100での処理を申し出てきているが、保険会社が間に入ると”利益”という真実を少なからず歪ませる要素が介在するが故に、必ずしもこの意思が尊重されなくなる。だからこそ、大変ややこしい。

 

今日現在、交渉の過程で担当者二名を各一回唸り飛ばした。それでも、それ以降関係は改善されてきている様に思う。私への対応を彼らが学んだかもしれないが、こちらも大変大人になってきているからだと思う。

 

思うところ、それは・・・。先方も仕事な訳で早期解決を目指したいのだから、常に冷静を心掛けないといけない。こちらだけ激しても、何も解決しない。関係性を良く理解すべきである。

 

次に説明下手な人もいる訳だから、もしも無礼があっても落ち着いて応対し、真意を読み解く必要がある。相互理解に努める懐の広さも必要。

 

最後に、相手も組織の中の一人である事を弁える必要有り。職位によっては、自分一人で何も決められない人が応対している場合もあるから、合意事項が履行されるまで暫く様子見する必要がある時もある。

 

今回学んだ事は、悪いのは保険会社ではなく加害者であるという事。責任は全て加害者にある。だから、決して彼に楽をさせてはならないという事である。私も、今回二度連絡を入れさせて貰いました。「任せているから」と言い逃れても、逃がさずに圧を掛ける。

 

from Facebook

 

2017年11月28日(火)

 


転職・キャリア ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Neil YJさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。