Go further

Go further

~Online Business Coaching Masterのブログ~ 日本NO1ビジネスコーチング企業Formula Inc.のCEOによる就活生、社会人の為の気付きの宝庫。

NEW !
テーマ:

当社Formula Inc.の能力カウンセリング用スマホアプリ、“仕事のすすめ(英語名 JOBIST)”が各方面で取り上げられています。チェックしたらダウンロードを!

 

<アプリレビューサイト>

 ・App Library   http://app-library.com/archives/17885 

 ・meeti(ミートアイ) http://i.meet-i.com/?p=68903 

 ・Applion        http://applion.jp/iphone/app/711358147/ 

 

iTunes URL>

https://itunes.apple.com/jp/app/shi-shinosusume-dongku-rennotamenokaunseringu/id711358147?mt=8&ign-mpt=uo%3D4 

 

Google play URL>

https://play.google.com/store/apps/details...

 

 

今日の一言。

 

「自己犠牲を受け入れられないと、人の上に立てない」

 

1つ目の事例は、交通事故で上司が加害者の部下を弁護したパターン。再三の弁護が功を奏し、加害者は刑罰を受けなかった。

 

2つ目の事例は、救急車で運ばれ二ヶ月入院したパターン。退院後の受け入れ体制の確保に上司が尽力し、無事に復職できた。

 

心配を口にしても、実際行動を起こす人とそうでない人ははっきり分かれる。この差は、どこに目線があるかだと思う。自分に対してか、自分に関係する仲間に対してか。人間だから自分が一番可愛いのは仕方ない事だが、絶えず自分目線に終始する人と、終始しつつも相手の立場に立って物事を考えられる人がいる。

 

実際、日常生活でこの差は感じ難い。でも追い込まれてくると、徐々に違いが出てくる。二人を分けるのは、心の大きさや優しさの深みだと思う。

 

人の上に立とうとするなら、心の鍛錬にぬかりがあってはならない。

 

from Facebook

 

2018年6月3日(日)


転職・キャリア ブログランキングへ


テーマ:

当社Formula Inc.の能力カウンセリング用スマホアプリ、“仕事のすすめ(英語名 JOBIST)”が各方面で取り上げられています。チェックしたらダウンロードを!

 

<アプリレビューサイト>

 ・App Library   http://app-library.com/archives/17885 

 ・meeti(ミートアイ) http://i.meet-i.com/?p=68903 

 ・Applion        http://applion.jp/iphone/app/711358147/ 

 

iTunes URL>

https://itunes.apple.com/jp/app/shi-shinosusume-dongku-rennotamenokaunseringu/id711358147?mt=8&ign-mpt=uo%3D4 

 

Google play URL>

https://play.google.com/store/apps/details...

 

 

今日の一言。

 

 「短く答え、短く補足。それが質疑の鉄則」

 

良い事例を見た気がします。的を得ない長~い説明によって、議論が破綻していく様が今日は目の前にありました。質問者にも意地悪さを感じましたが、それ以上に回答者の主張もポイントがズレていた。ことごとくズレていた。いや、ズレていたというか態々長く話すので自ら蛇行が始まっていました。そして、その節々にちょっかいを入れられてしまうという完全に負のサイクル。

 

同じ事例は身の回りにもあります。例えば親に嘘をつく時。予備知識として頭にメモリーした内容を、精一杯話してしまう。例えば警察に職質された時。聞かれてもいない事を沢山話し、綻びを出す。何れも徐々に相手の術中に嵌っていきます。

 

だから正解は、質問者に話をさせる事。質問させる様に仕向ける。逆を言うなら、回答を短くする。補足も短くする。これを実行する為に、質問者が聴きたいポイントが何処にあるかをしっかり把握する訓練が必要。基本は、我慢と傾聴だと思います。これがしっかり出来るなら、回答も補足も短く済ませる事が可能。ポイントにズレも生じないから、質問者の満足度も維持出来る。

 

長く説明して良い事など無い。

 

from Facebook

 

2018年5月22日(火)


転職・キャリア ブログランキングへ


テーマ:

当社Formula Inc.の能力カウンセリング用スマホアプリ、“仕事のすすめ(英語名 JOBIST)”が各方面で取り上げられています。チェックしたらダウンロードを!

 

<アプリレビューサイト>

 ・App Library   http://app-library.com/archives/17885 

 ・meeti(ミートアイ) http://i.meet-i.com/?p=68903 

 ・Applion        http://applion.jp/iphone/app/711358147/ 

 

iTunes URL>

https://itunes.apple.com/jp/app/shi-shinosusume-dongku-rennotamenokaunseringu/id711358147?mt=8&ign-mpt=uo%3D4 

 

Google play URL>

https://play.google.com/store/apps/details...

 

 

今日の一言。

 

 「一番ダメなのは、お金に対してルーズな人」

 

映画「モリーズ・ゲーム(洋題:MOLLY'S GAME)」を劇場で鑑賞。実話という事で、大変興味深い話だった。

 

富裕層は富裕層と遊ぶ。それは、ギャンブルでお金がお金を呼ぶという究極の構図。一夜にして億万長者になったり、一文無しになって身を滅ぼす人が出たり。お金が絡むと人の欲が出始めるので、結果的に人が人を踏みつける事になる。そうすると、必ず問題が起こる。主人公は、闇ディーラーとして稼ぐ訳だが、その過程で醜い裏切り、脅迫行為、FBIによる捜査に直面する。危ない橋を渡っている訳なので、仕方ないといえば仕方ない。

 

お金は、物凄くストレートに真実を語る。その人の価値、モノの価値、誠意、冠婚葬祭による御気持等々あげればキリがない。借金の返済を怠っても同じ事。割り勘を誰か一人が多く出しても少なく出しても、それで揉める。必ず不均衡な状態が起こる。

 

だからこそ、キッチリしないといけない。お金に関しては、他人に気を遣わせる事なく、自ら申し出るくらいでないといけない。そして、いつも均等を意識すべき。変な配慮は不要である。それが、預り知らぬ所で揉め事を招くのだから。

 

from Facebook

 

2018年5月14日(月)


転職・キャリア ブログランキングへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.