少年犯罪について
年齢での区別は如何なものかと思う
同学年で犯した罪の処罰が年齢によって区別される

方や手錠で拘束され
方や児童相談所に通告

少年法が大義名分を少年の健全育成と謳うならば
同じ世代の人間を
年齢によって区別せず
年齢にとらわれない法整備が必要なのではないだろうか

私はクソガチが増長しないためにも
少年法自体がいらないと思っているのだが
不公平感のある法律なら尚更必要とは思えない

子供は各学年毎に育ち
その世代で成長していく

ならば少年法の定義を見直し
高校三年生若しくは中学三年生までは
年齢ではなく世代で区別されるべきではないだろうか