ラグビーのワールドカップが日本で行われてる
世界各国から強豪のラグビーチームが集まり、熱戦を繰り広げているのだが、その中でラグビーの凄さを皆さんは目の当たりにしたのではないだろうか

特に凄いと感じた点は
やはり体の激しいぶつかり合いによるボールの奪い合いである
その中で多少の痛みでは試合を止めない精神が凄いと感じるのだ
それが各国に共通する精神なのである

プレイが止まるまでは余程のことがない限り、立ち止まることはない
すぐに立ち上がりすぐにプレイに参加する
サッカーと大きく違いを感じさせる点である

サッカーではちょっとした小競り合いでもすぐに倒れ、ファールを取ってもらおうとする
またそういった小賢しが、素晴らしいとする面もあるようだ
私はこの点について昔からサッカーの卑しい一面と捉えてしまっている
敵対するチームはもちろんだが、応援するチームの選手がそういった行動をしても、それが不愉快に感じてしまうのだ
痛がっていたくせにすぐにピンピンと走り出す

ラグビーの当たりと比べると圧倒的に大した当たりでないにも関わらずだ

ラグビーはそういった面を含めると今回のワールドカップ自国開催で日本人の心を大きく掴んだのではないだろうか

ノーサイドの精神
相手を称える潔さ
全てに最高の競技として日本人の心に刻まれたのではないか
そして、ラグビーが日本で大きく飛躍するためにも決勝トーナメントへの進出は必須となってしまった

次の勝利も大いに期待したい
そしで、日本をラグビーで沸かせて欲しいものだ