信号がない高速道路で渋滞が発生する

料金所やインターチェンジ付近は理解できる
 
何もないところで何故
そんな思いをしている人も多いだろう
 
原因の根幹は車間距離なのである
交通量が多くなると自ずと速度が落ち、車間距離が詰まってしまう
また、急加速急制動を繰り返す輩もいる
それらが渋滞をもたらすのだ
 
車間距離が詰まれば、ブレーキを踏む可能性が増える
前方の車両がブレーキを踏めば、後続車両はさらにブレーキを踏む
その連鎖が連鎖を繰り返し、後方の車両は停止に近いところまで速度が落ちるのだ
 
そして、停止に近い状況が連鎖し渋滞となってしまうのだ
 
渋滞していたのにいつの間にか走りやすくなったと感じることがあるだろう
そこが渋滞の発生場所なのである
この渋滞に繋がる連鎖が起きた場所なのだ
 
事故や料金所付近を除き、渋滞発生の原因は無謀な運転にこそあるのかもしれない
適正な速度と車間距離
これは円滑な交通のために必要なことなのである
 
急ぐ気持ちが後続に迷惑をもたらしている
そのことを理解して走行するべきなのだ
 

応援のクリックを


にほんブログ村