自民党の東京都議会のドンと称されていた内田氏

その内田氏が次の都議選での不出馬を表明した


これで都議会のドンが引退ということになる

東京都知事選で小池百合子氏が当選してから、都知事と相反する姿勢を示していたのだが、その姿勢が都民の反発を買ったのだろう


自民党が推す候補者が区長選挙で敗退するなど、その求心力の低下が顕著に現れてしまったのだ

本人は高齢や体調不良を訴えているが、どう考えても責任問題である

そして、この引退により、東京都の小池色が強まりそうだ


都民の声を受け止め、そして、豊洲移転問題などの問題が自民党が占めていた都政に反発が強まったのだろう

これによって都政が大きな変化が出ることになる


都議選で小池色が更に強まるのか

それとも自民党が巻き返すのか

今の現状を考えると、小池氏に反発する勢力は根こそぎ断たれることになりそうだ


そういう意味でも自民党も対小池ではなく親小池に変化するだろう

となると、盤石な小池都政となっていきそうだ


応援のクリックを

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村