ゲーム産業が危ない

テーマ:

日本のゲーム産業が廃れかねない事態が加速している

最近ゲームソフトの発売が滞っていることに気付いているだろうか

世界に誇れる日本のゲーム産業

何故このように事態になったのか


スマホゲームの流行である

一つの大作ゲームを作るには莫大な経費が必要だ

しかし、スマホゲームでは一定の客を掴みさえすれば一定額の金が毎月入る可能性がある

収入の安定感を出すことができるのだ

さらにオンラインゲームで他人と競わせるシステムによって、それに興じる人間にとっては相手より少しでも優位に立ちたいという思いを利用するのだ


そのゲームに射幸心を煽るようなシステムを導入することで単純なゲームを充実させることに成功したのである

単純なゲームで稼げるようになると莫大な費用を投じてゲームソフトを作らなくなる

莫大な費用を投じて売れない場合のリスクに比べるとリスクが少ないものになるのだ


このような流れに気持ちよくない人間も多いだろう

ゲームを一人で楽しみたい人間にとっては苦痛極まりない状態だろう

このような状況をどうにかしてほしい

そう思う私も一人で楽しみたい人間である


日本には誇れるゲームが存在する

格闘系ではストリートファイター

RPG系ではドラゴンクエスト、ファイナルファンタジー

スポーツ系ではウィニングイレブン、パワフルプロ野球

ボード系では桃太郎電鉄

パズル系ではぷよぷよ

アクション系ではスーパーマリオ、バイオハザード

など


世界各国で遊ばれているゲームを発売することができた

だが、今そのようなゲームが出ているだろうか

世界中のみんなとどこででも楽しむことのゲーム

確かにそれも良いのかもしれない

だが、ゲームとは一人でもできるものがあっても良いはずだ

そんなゲームが無くなることの憂き目をもろに受けてしまうのは、ゲームを最も楽しんでいる人ではないだろうか


日本が誇るゲーム産業

この衰退が私には感じられるのだが、それは今のスマホゲームにあるような気がするのだが・・・


応援のクリックを

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村