ガソリンカードで名を馳せた民進党の山尾氏

国民に対する説明責任は果たしていない

いつ説明してくれるのか

それを待っているのだが・・・


党政調会長を務める輩でもあるのだが、討論番組で醜態を晒す結果となった

というか醜態ではなく、共産党と同様の思想を持っていると思われても仕方のない姿であったのだ


NHK番組で防衛費を

「人を殺すための予算」

と述べた共産党の輩がいたのだが、それに反論する与党を尻目にだんまり

追認する姿を示したのだ


いくら共闘しているからとはいえ、このような発言を許して良いのだろうか


山尾氏は沈黙を守った理由については

「司会から問われれば『不適切だと思う』と申し上げるつもりだったが、複数の政党の皆さんからその旨の示唆もあった」

と説明したが・・・


その場で言わなければ何の意味もない


「もちろん司会から問われれば『不適切だと思う』ということは申し上げるつもりだったが、複数の政党の皆さんからその旨の示唆もあったし、私たちとしてはできればその番組の中で撤回をいただくのが一番良かったとは思うが、こういった形で藤野さんがしっかりと素直に謝罪をし、重たい形で責任をとったということを受け止める」

とも述べているが、言われなければ何も言わないのか


結局のところ、後から批判が強まってしまったので、良い言い訳を考えてこう説明したとしか思えない


普通であれば当然その場で問い詰めなければならない

それができなければ同様の政党ということなのである


自衛官を不愉快にさせるだけでなく、自衛隊に対して快く思っている人たちをも不快にする発言に同調してしまった醜態


まぁ、まずはガソリンカードの真相を語って欲しいのだが・・・

だんまりを続けるつもりか


共産党と民進党

この共闘に期待して良いのかなぁ



応援のクリックを


にほんブログ村