日本国憲法に関する議論

改憲派、護憲派

いろいろな主張の人が存在する

それは大いに結構な話だ


しかし、時代にあわない憲法

そう思う人は多いのではないだろうか

作られた時代は日本でいう戦後

しかも、当時日本を統治していたGHQを牛耳っていたアメリカという印象も根強い


そんな憲法を誇示する必要があるのか

憲法の根幹を変えずに、今の時代に応じた憲法にすべき

そんな議論が巻き起こってもいいはずだ


変化する事を嫌う日本人

日本国憲法といえば、根幹に関わる問題でもある

それに嫌悪感を示す人間も多いだろう


ただ、時代に応じた法律、憲法というものも重要である

刻一刻と変わる社会情勢

そんな中、固定概念で対応できない問題も出てくるだろう


それに憲法で定められていないからできない

それでは済まされない話である


日本に対して敵意を剝き出しにしている輩

それは近くに存在する

そんな輩がいる以上、今のままで良いはずが無いのだ


せめて国民が考える機会を作る

それも重要なのではないだろうか

国会だけで議論せず、大きな議論を交わす渦を作って欲しいものだ


応援のクリックを


にほんブログ村