異常な輩が野合している状況である

NHKの番組で共産党の議員が防衛費に関して

「人を殺すための予算」

と発言しているのだ


その発言に関して、番組内で反論を示さず同調したように見えた民進党も同等である

そもそもあの発言で何も咎めることのできなかった民進党自体の見識も疑いたくなるものだ

謝罪もせずに不適切だったと述べ、口頭注意をしたことで解決したと訴えている

しかし、この発言の根幹は自衛隊の存在意義についても考えさせられる


人を殺すための予算と発言できる共産党

しかし、自衛隊は人を殺してはいない

それどころか、震災や豪雨などの災害において、人を救うために尽力している

どう考えても人を救う若しくは守るための予算である


その姿に何も感じないのだろうか

熊本地震の被災者は・・・

東日本大震災の被災者は・・・

その他の災害での被災者は・・・


これらの被災者は人を殺すための予算によって救われたのか


そして、自衛隊で働く全ての隊員を侮辱する発言でもある


こんな発言を許してはならない

それに異を唱えることのなかった民進党も同罪である


自衛隊は我々日本を守るために必要な力である

これまでの活動から誰もが認めることである


このような意見があるのならば、是非共産党、そしてそれを支持する政党にはこう掲げてほしい

私は人を殺すための予算を認めていません

だから、その予算を使う人たちには助けてほしくありませんと・・・


そして、こういった発言をする政党と発言を許す政党には政治を任せたくないのである



応援のクリックを


にほんブログ村