沖縄県の豊見城市議会議員の宜保安孝氏

彼が日本外国特派員協会で語った言葉である


「先祖代々沖縄に住む私たちは日本人であり先住民族としての自己認識はもっていない」


その通りである

沖縄県民は日本人であり、先住民族ではない

我々と同じ日本人であるのだ

本土と沖縄の区別は一切ない

同等の日本人である


何故、彼がこう訴えたのか

それは国連自由権規約委員会の最終見解で沖縄の人々を先住民族と認定したことだ

国連は内政干渉で

「彼らの土地の権利を認めるべきだ」

と勧告したのである


何の目的があって、沖縄と日本を分とうとしているのか

どこかに裏の意図があるのではないか

そう疑いたくなる見解である


この韓国撤回を求める意見書を採択している沖縄県の都市もある


さらに、宜保氏は、日本の一部の非政府組織が国連で沖縄の人々を

「先住民族だ」

と報告したことが勧告につながったとして、

「これらの報告は、県民が知らないところで勝手に行われていた」

と訴えたのだ


こういう沖縄の声は嬉しいし、国連の日本と沖縄を隔てようとする考えにも違和感を覚える

人権問題をやるべき国連の機関ではあるが、現在起きている人権問題には一切手を加えることはない


日本を貶めることに躍起になる機関なのだ

国連の存在意義も見出せなくなってきている

そして、沖縄にもこれに同調する動きもあるのは事実


オール沖縄ということを訴えて、沖縄で基地反対を訴える人以外の意見を蔑ろにする空気もある

沖縄の為、沖縄県民の為

日本の為、日本人の為

何が正しいのか議論できない状況はある意味独裁国家に等しい


大義はどこにあるのか

それすらも理解できない人が国連という機関にいることも嘆かわしいものだ


応援のクリックを


にほんブログ村