大阪府教委の「君が代口元監視」どう思う? ブログネタ:大阪府教委の「君が代口元監視」どう思う? 参加中
本文はここから


大阪府教育委員会がやっている君が代口元監視

これは当然やるべきである


しかしこんなことをしなければならない

くず公務員がいることにがっかりする


公務員は上司の命令に従う義務があり

それに背くときはその命令が必要以上の違法行為でないとならない

背くことは命令違反となり懲戒処分の対象となってもおかしくないことである


また、公務員は公務員として働き始める前に

服務の宣誓を行い

仕事に対して尽くすことを宣誓する

そのことに対しても違反することになる


よって公務員は自分の思想に関わらず公の場の式典で

国歌斉唱が行われる際は君が代を歌うことは当然のことでなければならないのである


さらに教員で問題になっていることに違和感を感じるのは私だけだろうか

教員とは児童、生徒に教育する仕事であり

各教科の勉強を教えるだけでなく、道徳、社会ルールを教えるような仕事ではないだろうか

その教員が式典においてルールに背くという行動を見て

生徒、児童はどう感じるだろうか


当然

先生が守ってないんだからルールは守らなくてもいいんだな

と感じる生徒が現れても何ら不思議なことではないだろう


教員として教育する立場の人間が自分の思想に左右される人物であったときに

私はわが子にそのような教員に自分の子が教育されることに危惧すら感じられる


公務員はあくまでも中立で

日本に対する愛国心を植え付ける仕事ではないかと考える

右、左、多種多様な思想があるだろうが

教員が教育する際にそれを持ち出すことは絶対にあってはならないことだ


教育によってこれからの日本を担う人材を育てなけれない教育の現場

絶対にあってはならないのは教育をする者がルールを守ることではないだろうか


それは教育者だけでなく国や各地方公共団体に奉仕する公務員全体に言えることだ

公務員が犯罪を犯した際に厳しい処罰を受けるのはそのためだ

それができないならば辞めれば良いだけの話

それが国民に奉仕するために仕事をしている公務員のあるべき姿ではないだろうか