党内リベラル河野が有力候補?

自民支持より共産拒否?
岸田氏の方がまだましだ?
石破茂よ、出馬しろ?
オールドメディアは無視?
後だしジャンケンの岸田?

一昨日、文化人放送局を見ていると、ジャーナリストの山口氏が自民党内の調査では河野氏がリードしていると述べていました。

保守派や自分が支持している高市早苗氏は最下位の様で、メディアが申し合わせた様に高市氏をディスった効果が出ている様です。
岸田、河野、高市の3者の会見では、高市氏の会見が絶賛されていますが、メディアは河野、岸田推しで、高市氏に関してはスルー状態です。

有本香氏の動画の中で、高市氏は総裁選において、応援を依頼する為に必要な全国の党員名簿が無く、名簿は200万以上で売り付けられるが高くて買えないと話しています。

◆市早苗さんを総理にする緊急特番』ゲスト:高市早苗衆議院議員、飯山陽【有本香&百田尚樹 合同番組】◆
有本香チャンネル:https://youtu.be/bmfUOup8g3Y

 

 

自民党で大臣も務めた議員がお金に困っているというのは、正直に生きてきた証拠です。

岸田氏は二度目の挑戦なので、名簿は所持しており、河野氏は菅氏から譲渡されていますが、高市氏支援を表明した安倍氏は既に処分したとの事で、党員名簿を手に出来ない高市氏は岸田、河野、両氏からかなり出遅れています。

その結果、直近の自民党内調査で河野氏リードの状況を許してしまいました。
やりたい放題の中国を牽制する為には3者の中では高市氏が総理に相応しいのは明らかであり、保守派のYoutuberの誰もが彼女を応援しています。

しかし、自民党総裁選は日本の国益や国家感を問う選挙ではありません。自民党員が衆院選挙に勝つには、誰が自民党の顔になれば優位か?を問う選挙であり、たとえ候補者が無能でも、売国奴でも人気さえあれば、良いのです。



もし、セクシー小泉が立候補していたら、小泉が総裁になる危険性も充分あります。今の所、総裁選で有利なのは河野氏の様ですが、河野氏と交流のある、野党の辻元や蓮舫も河野氏を推しており、河野氏が総理になった場合、自民伝統の保守では無くリベラル路線になりそうです。

自民支持より共産拒否?
横浜市長選では大敗した自民党ですが、直近の茨城知事選では共産推薦の田中重博氏を、自民、公明、国民民主推薦の大井川和彦氏が破り勝利。
三重県知事選では共産推薦の石川剛氏を自民、立憲、公明、国民推薦の一見勝之氏が破り勝利しています。両選挙で見えてくるのは、共産党に対する拒否反応であり、自民党への支持ではありません。自民党は勘違いすると新しい総裁に関係無く衆院選は惨敗します。

岸田氏の方がまだましだ?
岸田氏は日本は対米、対中関係でバランスをとるべきだと考えています。優柔不断で決断力が無いイメージの岸田氏ですが、2020年の安倍氏退陣の際、安倍氏は岸田氏を推した位ですから、高市氏がダメでも安倍路線を引き継ぐ可能性があり安倍派としては少し期待できます。また、優柔不断な彼だからこそ、周りの声で軌道修正も可能であり、操り易い方です。

河野太郎は、大の親韓ですが、心配なのは韓国への過剰な援助です。今、文政権は国家債務を約101兆円抱えて、「第2のIMF危機」到来か?と騒がれています。韓国は慰安婦・徴用工問題と引き換えに資金援助を求める可能性が高いです。



河野太郎が総理になれば日韓友好を理由に、韓国を救う為、貴重な税金を投入する危険性があります。

◆文在寅が“自爆”へ…韓国経済「第2のIMF危機」急浮上で、北朝鮮からも「見捨て」られる文政権の悲劇!◆
「韓国「国の債務」がヤバいことに…!
9月1日、文在寅(ムン・ジェイン)政権下で韓国の負債が約38兆円以上増加する見込みだと韓国の各メディアが報道した。

8月31日の企画財政部が公表した資料によれば、来年の国家債務は約101兆円と、100兆円を始めて突破する見通しだという。国内総生産(GDP)に対する国家債務比率は50.2%で初めて50%を越え、2017年に約62兆円であった国家債務は文在寅政権発足後5年間で約39兆円も増加した。
加えて、2017年に約2兆6000億円の赤字だった管理財政収支は、来年には約9兆円にまで増加する見通しで、文在寅政権初期(2018年)に試算された2022年管理財政支出が約6兆円であったから、当初の計画より大幅に増加していることになる。」
ゲンダイビジネス:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/86992

 

 

石破茂よ、出馬しろ?
石破茂は現在でも出馬を模索している様ですが、河野太郎と同じ自民党内リベラル派であり、立候補すれば二人で票を割る事になります。
高市氏としては、一番人気とされる河野氏への票が減る事で、上位に浮上するチャンスです。総裁選の勝敗は、今週末に支持者を増やした候補が勝利を手にする可能性があり、週明けにも実施される自民党内の調査で状況が見えてくれば、派閥単位で一気に勝ち馬に乗る行動に出ます。高市氏支持の自分としては、石破氏が出馬して、河野氏と票を割る事に期待です。

オールドメディアは無視?
23万5千人が参加したYahooの巨大アンケートの結果は、高市早苗氏が全体のほぼ半分の49.1%11万5,424票を集め圧勝です。2位は河野太郎氏で26.5%6万2,297票、3位岸田文雄氏11.3%2万6,479票で、オールドメディアの結果とは大きく異なっています。

またNNNの自民党総裁選(党員・党友調査)誰を支持?では1位が河野太郎25%、2位石破茂(未出馬)、3位岸田文雄、4位に高市早苗16%となりました。
注目すべきは高市氏が一桁の支持率から二桁へと上昇した事です。出馬会見を観て、高市氏の政策と度胸に共感した結果だと思います。



これまでは党員名簿を所持しておらず、大きく出遅れた高市氏ですが、今後候補者同士の討論となれば、高市氏の具体的な政策とディベート力に、総理として相応しさを感じる人が増えると思います。週末には自民党内で支持率調査が行われる様ですが、岸田氏に追いつき、追い越すのは不可能ではなくなりました。

高市氏はオールドメディアで泡沫候補扱いで、TVに映る事も少ないですが、確かな政策と男気を感じる力強さは総理に相応しい方です。既存のオールドメディアに負けずに、勝利を勝ち取って欲しいです。

安倍氏が所属する細田派が高市早苗氏支持でまとまる事を阻止した若手グループの「党風一新の会」は、媚中で知られた福田康夫の息子である福田達夫が中心となり、反安倍で結成された、媚中組織です。
先月21日にはこの会のメンバーである武部新、津島淳、中川俊直、福田達夫の自民若手議員4人が北京で李源潮副主席と会談しています。



中国は中国に厳しい高市氏が総理になる事を警戒し、国内のメディア、議員に高市総裁阻止を働きかけています。たぶんハニトラに引っかかり、弱味でも握られているのでしょうね?国益を考えず、中国に靡くこの4名は国賊。衆院選で落選させるべきです。

 

後だしジャンケンの岸田?

可も無く不可もない会見を行った岸田文雄ですが、今日になり、突然、外交・安保で中国を批判し出しました。



高市氏の会見で日本の防衛に関する政策が評価されたのをパクり、ミサイル防衛能力の強化に関し、敵基地攻撃能力の保有は「有力な選択肢だ」などと言いだしました。完全なる模倣と後だしジャンケンであり、高市氏の方が有能である事の証明です。
後だしジャンケンでしか政策を訴える事の出来ない岸田氏は総理の器ではありません。高市氏の支持率追い上げに完全にパニックになっています。

支持率2位は目の前だ。岸田を追い抜き、親中派の若手に負けるな高市早苗。
中国や親中議員が嫌がるという事は本物の証拠。
進め、高市早苗女傑。