10.14 反移民デーを終えて

テーマ:

先日の10.14反移民デーに於いて、島根・広島・山口3県合同でデモ行進を決行致しました。

当日お集まり頂きました皆様、沿道にて聞いて下さった皆様、動画をご覧になった皆様、誠に有難う御座いました。

広島でのカウンターは暴力的な動きは無く無事に予定された行動を完遂することが出来ました。

まだまだ政府の進める移民政策の危険性を理解している人は多くは無いと思います。

これからは機会がある毎になるべく分かり易く海外の実例や予測される日本人が被るであろうリスクやデメリットをお伝えしようと思っております。

また、皆様のお住まいになっている自治体に於いても外国人材への施策が着々と進められている事と思います。

御自身でお調べになってみて頂きたく思います。

彼らは外国人材は安価な労働力、単純消費のパイとしか考えていないのです。

もしも多文化共生、外国人差別の無い町をと言うので有れば外国人の賃金を日本人の賃金水準まで上げて然るべきだと思います。

きれい事や楽観的憶測で政策を進めてもらっては困るのです。

 

次回は以前抗議活動を行った中国地方のとある市の実例をご紹介したいと思います。