録・決断のとき。そんなに深刻じゃなく。深呼吸。 | ウネモトモネ記 ジャパネーズ舞録

ウネモトモネ記 ジャパネーズ舞録

コントグループ・単独屋『ジャパネーズ』のひとり、ウネモトモネによるジャパネーズの行動記録。

 

 

 

『ジャパネーズ舞録』の時間がやってまいりました。

 

 

 

久しぶりの更新になってしまいました。

過ぎ行くのはこんなにも速く、

振り返れば苦しいくらいに長い。

そんな日々でした。

脳にこびりついた痣のような想いを。吐く。

 

 

 

9月2日。

 

ライブ2本。急遽やりました。

 

一本目、初の試み、

ウネモトモネ独創コントライブ

『最後にタイトル決まります。』

 

3月に単独やって以来、

あ、違うわ。その後4月にピンの単独やってるから、

それ以来、単独脳を全く使ってなくて。

 

賞レースに勝つネタ

テレビのオーディションに受かるネタ

業界人にハマりそうなネタ

第七世代っぽいネタ

 

とかなんかそんなのを考えて、

ネタを作ってたような気がして。

 

まぁそれも大事なんでしょうけど。

 

とにかくそんなの度外視して、

自分の好きな世界観のお話を創って演じたくて。

やってみました。

 

午前0時過ぎた時に、

相方から「天気」ってお題もらって。

 

オール新ネタのつもりでしたが、

まだ一度しか客前で披露してない

「曇天アンブレラ」ってコントがあったので、

それも加えて。コントというか演劇というか。

 

一応10幕までありましたが、

実質的には5本くらいのコントでしょうか。

60分くらいに収まっちゃって、思ったより短かった。

 

詰め切れない部分があるのは、

24時間以内に創ったから当然っちゃ当然なんですが、

何回もやってって創り方、生み出し方上手くなったら、

きっともっとクオリティも上げていけるんじゃないかなって。

 

そんなライブでした。脳が跳ねてた。

 

そして、二本目。

歌ネタ&トークライブ

『歌って MORE TELL YOUNG!』

 

急遽だったのに出てくれた、

Groovy Rubbish、しょうへい、オルカ、ランボルマーチンに感謝。

 

僕はジャパネーズの歌ネタ

『CoCoCo告白Song』をしっとりめに歌い上げました。

 

他の皆も各々のパフォーマンスを披露してくれました。

企画コーナーでは、ツイキャスでやってた、

歌ネタお悩み解決を皆さんにやって戴くという無茶振りハラスメント。

でもさすがの皆様。めちゃくちゃ盛り上げてくれました。

 

終演後にはツイキャスにも出てくれて。

打ち上げも軽くやったんですが、

皆愉しかったって言ってくれて。嬉しかった。

 

結局帰宅後相方ともツイキャス。

 

9月3日。

 

ライブはなし。

 

起きたら少し喉の調子が悪い。

更には鼻水、鼻づまり。THE 風邪の諸症状。

 

夜は真夜中クラシックのタケイ君と、

Rock Cafe LOFTの庄司さんと呑む約束があり、

新宿にある広島風お好み焼きのお店で会食。

 

結構なペースで呑み、ハシゴ。

最終的にタケイ君と、

タケイ君の誘いで来てくださった、

ランジャタイの伊藤さんとカラオケに。

 

其処に相方もおびき出して、ツイキャス。

ちょっとグズグズ過ぎたので帰宅して相方と再キャス。

 

9月4日。

 

体調爆崩れ。

そりゃそうだろ。自業自得。

 

夜はK-PROさん主催のブリーカー寄席に出演。

初の新宿ブリーカー。バッシュと同じビルの地下。

KOC準決勝進出組が多数。仕上がりまくってました。

僕らは歌ネタ『CoCoCo告白Song』を。

エンディングではしっかりと告知も。

 

そして、その後、本来ならば、

シルとのインプロ稽古があったんですが、

僕は体調を整える為にお休みさせてもらい、

相方のみが参加。申し訳なかった。

体調管理は基本中の基本。

 

相方が帰宅後、ツイキャス。

 

9月5日。

 

ゲレロンステージのMC。

 

歌ネタ敗者復活最後のお願いということで、

この日も歌ネタ『CoCoCo告白Song』を。

 

帰宅後、ツイキャス。

「歌ネタ王決定戦への道(終)」

二週間余りですが、お付き合い戴いた皆様、

お悩みメールを送ってくださった皆様、感謝。

 

9月6日。

 

朝からせっせとバイト。

帰宅。気もそぞろで15時を待つ。

 

歌ネタ王敗者復活戦結果発表。

9月18日の復活ステージに挑戦できる

10組中上位5組が決定。

 

その中に「ジャパネーズ」の文字はなし。

 

非常に悔しくて情けなくて。

 

夜はピンでGEKIBAミッドナイトシアターに出演。

 

マジ歌『賞レースなんて大嫌い』を披露。

 

お笑いライブでマジ歌なんて反則。

でも笑って許してくださった、皆様に感謝。

 

帰宅後、感謝のツイキャス。

応援ありがとう、そして復活出来ず申し訳ない。

 

ツイキャス終了後、

 

M-1再エントリーが抽選漏れしていることに気づく。

 

終わる。突如。勝負の夏。

来年から結成10年以内に戻る説が飛び交っているので、

そうなると、僕らのラストイヤーは今年でした。

こんな幕切れとは。儚い。

 

その後、

 

いろいろあって、

 

もう、本当に、しんどい気持ちになり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月7日。

 

事務所ライブの日。

 

トゥインクル1GP予選。

 

「誰に許可取っとんねん」

 

22組中、同率10位で、本選出場ならず。

 

また終わった。今年の賞レース。

 

夜のトゥインクルライブ。

 

歌ネタ『ギミギミユアドーター』。

 

2位を戴きました。久々の。

 

ですが、この日の主役はYes-manさん。

 

大好きな先輩の最後のライブ。

 

お客様も超満員。

 

所属芸人も集結。

 

愛されてるYes-manさん。

 

越田さん、武蔵さん、ひとまずお疲れ様でした。

 

本当に素敵な人たちばかりの事務所に入れたのだなぁと、

もう何度思ったかわかりませんが、実感。

 

 

 

 

9月8日。

 

 

 

寝れないまま朝を迎える。

 

 

 

今日はインプロライブです。

 

 

 

シル×ジャパネーズ『第2杯目 蛇と虎のスープ』
2019年9月8日(日)
[公演①]17時15分開場 17時30分開演
[公演②]19時15分開場 19時30分開演
しもきたドーン
料金 前売 1,500円 当日 1,800円
【出演】(敬称略)
シル、ジャパネーズ

https://www.tiget.net/events/64537

 

 

 

インプロ、即興コントのようなものです。

ジャパネーズはシルとのインプロコーナーと、

ジャパネーズでのネタ披露も御座います。

確実に此処でしか観れないものが生まれますので、是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろと、

 

 

思う事ありまして、

 

 

怠惰な自分を、

 

 

本当に追い込まないといけないと感じました。

 

 

相方とは、少し、歩幅というか、

歩くテンポも違うし、

目的地も少し違ってるような気がしますので、

彼を巻き込むことはありません。

(解散とかじゃないっすよ。)

 

 

来年、

 

 

ウネモトモネは1人で、12ヵ月連続、単独公演やります。

 

 

賞レースとかにも出つつ、

 

 

でもコンビでのライブ出演はちょっと今年よりは減らそうかと。

 

 

お互い体力も精神力もギリギリなので。

 

 

 

再度言いますが解散する気はないです。

そこだけはご安心を。

 

 

 

ただ、僕が全速力で走らなきゃならない時が来た、

 

 

 

そんな気がしました。

 

 

 

追いつけるもんなら

 

 

 

追いついてみろって

 

 

 

猛ダッシュしますんで

 

 

 

いつかどこかの劇場で。