スーパーボウルの日。

スーパーボウルパーティーを主催した我が家。

 

大人は、お酒を飲みながら、ご飯を食べながら、おしゃべりをしながら、アメフトを見て楽しんでいました。子供達も初対面とは思えないほど、盛り上がって遊んでいました。

 

どんな遊びで盛り上がっていたかというと、

 

銃ごっこ

 

バンバン狙って撃ち合う

(もちろん偽物の銃で、玉はありません)

 

 

息子ちゃんが一人で遊んでいる時には気にならなかった銃ごっこですが、男の子が集まってバンバンやっているのを見ると、とても複雑な気持に・・・

 

周知の如く、銃の事故が絶えないアメリカ。

小さな子供が親の銃を(見つけて)遊びに使って、亡くなるという事件も珍しいことではない現状。

 

かなり複雑な気持ちになったようで旦那さんは、翌日から息子ちゃんが銃で遊ぶのを禁止にしました。

 

納得のいかない息子ちゃん。

 

なんで銃ごっこをしたらいけないの?

 

銃でたくさんの人が亡くなっているんだよ。

 

と説明しても小さな子供の銃ごっこは、この年齢の男の子のあるあるの遊びでしょう。

 

旦那さんだって、小さい頃に銃ごっこで遊んでた訳だし。みんなが通る道。

息子ちゃんが学校から借りてきた学習図鑑(昔と今の暮らし)の中でも、昔のおもちゃにピストルもあったし、昔の遊びに戦争ごっこ(竹を銃に見立てて打ち合い)が入ってました。

 

再度、息子ちゃんに説明して、銃での遊びを許可した我が家です。

 

でも、いきなり子供達にバン!なんてやられると複雑な気持ちになるんですよね。

 

去年、日本でハロウィーンパーティーに行った時、ポリスオフィサーに仮装した子供達が得意そうに銃を持っていたのを見た時もちょっとドッキリしたのを覚えています。

 

日本に住んでいたら銃に対してこんなに意識することはなかったのもしれません。

 

許可はしたものの、どうやって子供に説明してこうかなと考える日々です。