突然ですが、Luka Grahamというデンマーク出身のバンドをご存知でしょうか?

 

コペンハーゲンのヒッピータウン・クリスチャニア出身の彼らが歌う7 yearsは、アメリカでもヒットしました。2015年12月に出たシングルなので、もう4年前。サビの部分がキャッチーで思わず口ずさんでしまいますルンルン(遅い)

 

デンマーク出身のバンドだって今更知って、旦那さんにも教えてあげました。

 

 

旦那さんが、彼らの歌をずいぶん神妙な顔で聴いてると思ったら、アクセントを探していたみたい滝汗

 

オイオイ!

 

母ちゃんにはアクセントは聞き取れなかったけど、旦那さん曰く、デーニッシュアクセントある!とのこと。それに、英単語のチョイスがデンマーク人独特だよねって。

 

ふーむ・・・

 

アクセントと言えば、旦那さんの英語。

初めは、ネイティブと変わらないなーと思っていましたが、

 

 

スーに行こうよ!

 

 

スー?

 

初めて聞いたときは、何のことキョロキョロ?って思ったけど、

 

スーズー(Zoo)動物園のことです。

 

Zの濁音がデンマーク人には難しいのか、ザ・ジ・ズ・ゼ・ゾ、ジャ・ジュ・ジョなど気を付けないと濁音が取れがちです。なので、

 

 

今日さ、スーシーと話したよ。

 

ああ、スージーSusieのことねニヤニヤ

 

今では慣れたものです。

 

なので、

ジャパンJapan→ヤパン

ジャパニースJapanese→ヤパニース

になりがち。思わずクスッとするアクセントですデレデレ

 

 

でも、母ちゃんにとって、一番、気になる発音は、

 

ウニクロ

 


 

勘の良い方ならピント来たかと思いますが

ウニクロ=

ユニクロ(Uniqlo)のことです。

 

ウニクロと言われるとどうしてもウニを連想しちゃうんだよね滝汗何度注意しても、ウニクロなので、直す気はゼロのようです。

 

母ちゃん達の住むサンフランシスコ・ベイエリアは、色々な国から色々な人がやって来て、色々なアクセントで話しています。

そんな懐の広いベイエリアが大好きですデレデレ