”お花畑の素養を探求してみた” | 聞こえちゃったら、ゴ・メ・ン

”お花畑の素養を探求してみた”

ちょうど、一年前の記事です。

 

昔でいうと、体育の日ですなぁ。

 

来年のオリンピックも、10月にやればいいのに、

 

それができないって、ダメよねぇ。

 

 

一年前の記事、

 

これ、とってもお薦めです。

 

健児(こんでい)という言葉を聞いたことのない方は、

 

是非、ご一読を。


一年前に比べますと、

 

ボクの中での危機意識はかなり上がっています。

 

特に、皇室についてですね。

 

かなりの危機です。

 

 

 

完全に狙ってきています。

 

癌細胞と化したやつらが、です。

 

それがわかっている数少ない国会議員は

 

動いてくれているようですが、

 

大々的にやれない難しさがあります。

 

治療というより、悪化させないように時を待ち

 

最適なタイミングで一気にえぐり取るようなことになるでしょうね。

 

宮内庁そのものが癌細胞になっちゃってますからね。

 

 

 

癌に負けないしっかりとした体を作るために

 

しっかりとした栄養を摂る必要があります。

 

今日はそのために必要と思われる本をお勧めします。

 

倉山満著 『13歳からの「くにまもり」』

 

 

倉山さんというのは、

 

「逆教育勅語」なるものを示された方で、

 

思想の揺るぎなさ。と言いますか、

 

この点ではピカ一ではないかと、ボクは思っています。

 

 

13歳からの、ですからね。

 

中学生ですか。

 

ボクも、このくらいからがいいと思っていますから、

 

それまでの家庭環境が非常に大事です。

 

この本を読める中学生を育てるためにも、

 

小学生以下の子を持つ親御さんに読んでいただきたい本です。