聞こえちゃったら、ゴ・メ・ン
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

民意が安倍さんを押せてないんじゃないか

ちょうど五年前の記事です。

 

黒幕はやっぱり、イギリス帝国の残党か。


 

ジャーディンマセソン、香港上海銀行は

 

チャイナの香港支配を支持してるそうですね。

 

 

イギリスの悪徳商人ですね。

 

 

 

なにかにつけて甘い日本は、

 

人道主義で香港人入れない方がいいんじゃないか?

 

 

台湾は、アフターコロナの

 

アジア金融界を担う人材をリクルートしてるんだろうけど、

 

日本にそんな芸当はできないから、

 

可哀そうだからって入れない方がいい。

 

日本が受け入れるって言ったら

 

スパイが殺到するだけ。

 

 

 

5年まえはオバマでしたが、

 

トランプさんも世界の警察をボランティアでやる気はなく、

 

我が日本が今のままでは生きていけないわけでね。

 

 

さらに、この5年間で暴力団チャイナは

 

何倍もの兵器を獲得しちゃったんです。

 

 

だから、アセアンをまとめて、、、

 

とか言っても、もうかなわないですよ。

 

 

アメリカはもちろんだけど、

 

オーストラリア、インドという大国と連携して、

 

彼らが駆け付けるまでは持ちこたえる。

 

とりあえず、こういう戦略を持つ必要がある。

 

 

特に台湾とは連携を密にしてね。

 

 

そして、こちら側が固まってきたら、

 

チャイナを切り崩していく。

 

 

満州、ウイグル、チベット、

 

共産党が崩壊しても

 

大中華連邦のままじゃ気が気でないからね。

 

 

そして、中国共産党包囲網連合が

 

新たな国連となる。

 

この流れをつくれるのは

 

安倍さんくらいしかいないんじゃないか?

 

 

石破や岸田じゃ、

 

武漢裁判の時に

 

被告席に座りかねないぞ。

”国連をユネスコの世界遺産へ登録しよう”

ちょうど二年前の記事です。

 

トランプさん、順調に突き進んでくれそうですね。


国連の職員って、

 

各国で使い物にならないグローバリストの吹き溜まりだ。

 

とか、なんとか言ってた人いたよ。

 

 

そんなこと確かめるまでもなく、

 

遺産化してしまった方がいいよね。

 

 

 

国連の15ある機関のうち4つでチャイニーズがトップ

 

テドロス入れたら5つ。

 

これ以外でもナンバーツーがチャイニーズだったり、

 

ほとんどチャイニーズマネーにやられてるらしいね。

 

北野先生が言ってましたよ。

 

北野幸伯さんね。

 

「国際機関を買収するってのは

 非常に効率のいい投資です」

 

テドロスに3億円、ほかの幹部に1億円ずつ渡して

 

20億使ったとしても、20億なんて

 

国家予算でいったら小銭ですよ。と、

 

こんなので、そこにぶらさがるお金や

 

世界の言論を誘導できたら

 

こんな安い買い物はない。と、まぁ

 

こんなようなこと言ってましたね。

 

 

 

 

 

 

 

北野さんは、79年周期説を唱えておりまして、

 

79年前の7月といえば

 

アメリカが在米対日資産を凍結したりね。

 

そして、12月が真珠湾ですよ。

 

 

チャイナの在米資産凍結はまだみたいだけど、

 

党幹部をピンポイントでやりだしてますよね。

 

 

12月8日といえば、すでにトランプの再選が決まってます。

 

チャイナがどこに仕掛けるか?

 

キンペが仕掛けるようなことはないかもしれないけど

 

なんらかの事故はあり得る。

 

 

どうも、これはインドじゃないね。

 

南シナ海か尖閣周辺と見るのが妥当じゃないか?

 

 

どっちが緩い?

 

南シナ海は、各国が一枚岩とは言えないけど、

 

尖閣に比べたらうるさいよね。

 

今のような遺憾砲縛りだと

 

やっぱり、尖閣が一番危険でしょ。

 

 

河野さんが一生懸命

 

敵基地攻撃に触れたりして頑張ってますけど、

 

防衛費が倍に跳ね上がるとかなんとかならないと

 

チャイナは「あッ、ヤバいかな」とか

 

思い直しちゃくれないよ。

 

 

 

やっぱり、国連みたいなところに

 

ムダ金投じるより、

 

防衛費に回した方がいいんじゃないか?

 

 

G11に韓国、ホント?

ちょうど一年前の記事ですね。

 

アハハハッ

 

いろいろありましたなぁー

 

 

 

言うまでもないと思うけど、フィクションです。

 

 

 

キンペ(一帯一路会会長五代目共産組組長)は、

 

ウイルス兵器を使って起死回生の反撃に出たが、

 

マスク買い占めなどによる優位性も半年とは持たず、

 

かえって反感を買うこととなる。

 

 

一枚岩と思われていた共産組でも

 

三代目出身母体である江沢会が

 

古くから交友関係にある米トラ会内

 

民主一家と呼応し、キンペ失脚を狙っている。

 

 

 

欧州連合は、

 

米トラ会会長トラの強圧的な態度を好まず、

 

一帯一路会への友好を示したが、

 

欧州連合から一線を画するブリテン組傘下

 

豪州組組長モリソンが

 

欧州連合とトラとの橋渡し役を買って出ている。

 

 

モリソンは先代組長がキンペに騙され

 

所場を荒らされたことにより

 

今では反共産組の急先鋒となっている。

 

 

 

トラは、20年前から新興勢力を参加させたG20では

 

共産組方位網の実質的な会合を持てないとし、

 

これまでのG7に

 

豪州組などを加えたG11の会合を提案している。

 

 

さらに、一帯一路会弱小組織にも

 

切り崩しのための工作を始めている。

 

「あんたのところは、借金返せずに

 

 キンペから港取られたんだろ。

 

 今回のウイルス兵器で、かなりの死者も出てるだろ

 

 キンペから賠償求めたらいいんだ。

 

 米ドルで払えないんなら、港を返せ!てな。

 

 ケツはウチでもってやるから安心しな」

 

 

 

ロシア一家のプーチンは、

 

生き残りのため、キンペと兄弟盃を交わしていた。

 

トラ

「プーやん、アンタの立場は分かる

 

 分かるが今回のことでキンペに義はない。

 

 モディと一緒に声を上げてくれとは言わない。

 

 黙っててくれるだけでいいんだ

 

 それもダメならG10で話を進めるしかない」

 

 

 

日ノ本一家では

 

晋三組若頭の二階の動向が怪しい。と、

 

末端組員の怒りの声が上がり始めている。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>