日本におけるキリスト教 Christianity in Japan

日本におけるキリスト教 Christianity in Japan

聖書に関する質問の答え.
カルヴァン主義 Calvinism. 宗教改革の思想家ジャン・カルヴァンにちなんでカルヴァン主義と名づけられている。このプロテスタントのキリスト教は、改革派の伝統、改革派信仰、改革派神学と呼ばれる。

https://christianityinjapan.localinfo.jp



主があなたを祝福し、あなたを守られますように。 民数記6:24

ガブリエル・バーケイ博士の研究チームは、1979年、エルサレム旧市街の外の墓地でふたつの銀の巻物を見つけました。それは、25年の検証を経て2004年、現存する最古の聖書の一文で、紀元前6世紀に埋められたと認定されました。そのみことばが、感動的です。それは、神が祭司を通して民を祝福する言葉、「主があなたを祝福し、あなたを守られますように。主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように」(民6:24-25)でした。

当時の祭司は、みこころを伝えるために、神が授けた文言を暗記しなければなりませんでした。この祝祷は、神がモーセを通して祭司アロンと息子たちに、どのように人々を祝福すべきかを示されたものです(24-26節)。祝福してくださるのは神だと強調するため、「主が」が3度繰り返されました。また「あなた」は6度繰り返され、神の愛と親切を受け取って欲しいという、主の切なる願いが示されています。

現存する最古の聖書の断片には、祝福したいという神の願いが記されています。そのことに思いを巡らせてください。神の尽きない愛、私たちと親しい関係を築きたいという神の願いが伝わってきます。もし今、神が遠いと感じているなら、この古代からの約束を思い出してください。主があなたを祝福し、あなたを守られますように。

神は、あなたを祝福したいと願っておられます。あなたはそれをどう受け止め、どう分かち合いますか。
父なる神よ、多くの祝福を感謝します。喜びや平安を感じるとき、それが、あなたから来たと気づき、あなたを賛美できますように。

こうしてキリストが、あなたがたの信仰によって、あなたがたの心のうちに住んでいてくださいますように。 エペソ3:17

それぞれが最初の伴侶を悲劇的に失って数年後、ロビーとサブリナは恋に落ち、各々の子どもを連れて再婚しました。彼らは新しい家庭を「ハビラ」と名づけました。ヘブル語の「苦しみもだえる」と「生む」を合わせ、痛みから美しいものが生まれるという意味を象徴させたのです。過去を忘れるためではなく、「灰から生まれた人生と希望を祝うため」に家庭を作ったと言います。そこは彼らが帰るところであり、人生を喜び祝い、未来の約束にみんなでしがみつく場所だと言います。

これはイエスにある私たちの人生の美しい描写です。イエスは私たちを灰から引き上げ、私たちの居場所になってくださいました。イエスはご自分を受け入れた人の心に住んでくださいます(エペ3:17)。私たちは神の家庭の養子になり、神に帰属します(1:5-6)。人生には辛い経験もありますが、神はそのことさえ、良い目的のために用いられます。

神の愛を楽しみ、神がくださったものを礼賛するなら、神に対する理解を毎日、深めていけます。神を知る人だけが体験できる満たしがあります(3:19)。そして、イエスとキリスト者の関係性は永遠に続くと約束されています。イエスこそが、私たちの帰るところであり、人生を祝う理由であり、永遠に続く希望です。

イエスはあなたの人生をどのように変えましたか。イエスに属するとは、あなたにとってどういう意味ですか。
神よ、イエスに帰属していることを感謝します。今から永遠まで、希望の人生をくださり、ありがとうございます



ヨセフは穀物を海の砂のように非常に多くたくわえ、量りきれなくなったので、ついに量ることをやめた。 創世記41:49

ジェフは、自分が過去にヘロインを使った町で、ユースパスターをしています。「子どもたちが、私と同じ過ちで苦しまないように助けたい。イエスが彼らを助けてくださいます」と語ります。神は、ジェフの心と彼を取り巻く状況を劇的な方法で変えられました。時間をかけて、彼を麻薬の奴隷から解放し、過去があるにもかかわらず、重要な働きを託してくださいました。

神には、絶望的な状況から思いがけない幸せをもたらす道があります。ヨセフはエジプトで奴隷として売られ、冤罪で牢に入れられ、何年も放っておかれました。しかし、神は彼を回復させ、パロ直属の高い地位につけました。それによって、自分を捨てた兄たちを含め、多くの人命を救うことができました。ヨセフはエジプトで結婚し、子をもうけました。彼はふたり目の子どもを「二倍の実り」を意味するエフライムと名付け、「神が私の苦しみの地で私を実り多い者とされた」からと言いました(創41:52)。

前述のジェフと聖書のヨセフには3-4千年の隔たりがありますが、両者に共通する真実があります。それは、自分にとっての辛い場所が、神が自分を通して多くの人を助け祝福する場所になり得るということです。私たちの救い主の愛と力は不変です。イエスはご自分を信頼する者に常に誠を尽くしてくださいます。

あなたの人生で、神が困難から益をもたらされたのはいつですか。自分の過去の問題を用いて、今日、誰かを励ませますか。
全能の父よ、あなたに不可能なことはありません。あなたは完璧に誠を尽くしてくださいます。あなたに感謝し、あなたを賛美します。