直接法を体験!シンハラ語で授業! | オーストラリア・メルボルンで日本語教師

オーストラリア・メルボルンで日本語教師

オーストラリア・メルボルンの日本語学校「Japaneasy」です。
当校は2008年に創立され、現在は日本語学習者数約300人を抱えるオーストラリアで最大級の日本語学校です。
学校の様子やメルボルン情報、日本語教師養成講座の様子などを皆さんにお届けします☆

こんにちはニコニコJapaneasyのくみです音符

 

昨日から日本語教師養成講座、第16期が始まりましたキラキラ
毎回、講座の初日には直哉先生による「シンハラ語」の授業があります。

 

Japaneasyでは、日本語を日本語で教える、「直接法」という教授法が採用されています。

例えば、日本の中学高校は日本語で英語を教えますよね。

外国語を母国語など、別の言語で教える教授法を「間接法」といい、

英会話教室のように、英語で英語を教える、

習得する言葉だけで授業をする方法を「直接法」といいます。

 

講座生にとって、全く未知の言葉「シンハラ語」で、

「直接法」を体験することが初日の登竜門となります。

わたしも養成講座を受けている時、

この「シンハラ語授業」を受けました爆  笑

 

 

聞いたこともないシンハラ語でのあいさつとともに登場する直哉先生。

 

「コホマダ~ニヤリ

 

 

滝汗

 

 

コホマダってなんですかー?滝汗

 

 

「???」のまま、シンハラ語オンリーで始まる授業。

 

 

でも、不思議なことに、今まで聞いたこともなかったシンハラ語なのに、わかるんですビックリマークビックリマークビックリマーク

 

絵の描かれたカードや、ジェスチャーを駆使して、授業を行う直接法。

 

「◎△~$%*~グッド!

 

よくわからないけど、いいって意味かな?ニヤニヤ

 

「◎△~$%*~日本

日本の国旗を指さす先生。

 

ああ、日本って意味なのかな?ニヤニヤ

 

日本語ひとつも使ってないのに、授業がわかるびっくり

日本語の先生ってすごいびっくりびっくりびっくり

 

直接法のすごさに度肝を抜かれ、

日本語教師の洗礼を受けた気持ちの初日でした!

 

今日は養成講座2日目、教室からは和気あいあいとした声が聞こえてきます。

とってもいい雰囲気で、みなさん楽しそうですニコ

 

シンハラ語の授業で直接法体験もできる日本語教師養成講座の情報はここから右差し右差し右差し日本語教師養成講座ページ

 

日本学校紹介Youtube動画↓見てね☆

 

日本Japaneasyホームページ

Japaneasyの日本語クラス、養成講座、文化クラスに子ども教室、講師紹介などJapaneasyの全てが詰まっています☆

 

日本日本語教師養成講座ページ養成講座について知りたいならまずはこちらのページへ☆


日本Instagram
日々のJapaneasyの様子をお届けしています☆

日本Facebook

イベント情報、Japaneasy写真アルバムなど、HPには載っていない生のJapaneasyが見られます☆

 

日本Twitter

ブログ更新のお知らせや日々のつぶやき、受付の独り言などDeepなJapaneasyを知りたい方はこちら☆

 

手紙reception@japaneasy.com.au