驚愕!駅のホームアナウンス「ドアが閉まります」 | オーストラリア・メルボルンで日本語教師

オーストラリア・メルボルンで日本語教師

オーストラリア・メルボルンの日本語学校「Japaneasy」です。
当校は2008年に創立され、現在は日本語学習者数約300人を抱えるオーストラリアで最大級の日本語学校です。
学校の様子やメルボルン情報、日本語教師養成講座の様子などを皆さんにお届けします☆

こんにちは。まゆみです。

 

先日、自動詞の授業をしていたときのことです。

「電気を消します」という文は勉強済みで、今回新しいのは「電気が消えます」という文。

これは人が電気を消すのではなく、電気自体が勝手に消灯するという意味になりますよね。

 

それと同じ類で「(車が)止まります」や「(テレビが)壊れます」「(ドアが)開きます」などがありますが、

「ドアが閉まります」という文を絵を見ながら文作練習をしていたとき、ひとりの学生が「はっ!」と何かに気づきました。

 

 

「先生!日本でこれ聞きました!駅!駅!」

 

 

その学生は日本を旅行したとき、駅のホームのアナウンスを音で覚えていたようです。

今回ようやくその意味がわかったようで、「あー!そういうことか~!」と納得し、とても嬉しそうでした。

 

「え~。そうだっけ~??」という他の学生達のために、みんなで電車アナウンスを聞いてみることに(youtubeで)。

 

 

 

 

≪京浜東北線、ドアが閉まります。閉まるドアにご注意ください≫

 

≪山手線、ドアが閉まります。ご注意ください≫

 

 

「うわっ本当だ。言ってる~!」

「何回も聞いてたはずなのに・・・」

「嘘でしょー!」

 

一同驚愕。

でもなんか楽しそう(笑)

 

 

生教材、ほんとうに大事だなぁと日々感じます。

忘れっぽい学生でも、関連語彙が自分の好きな歌の歌詞にあることを発見した日には、もう絶対に忘れませんからね(笑)

生教材を使用することで一気に現実感が高まり、身近に感じながら楽しんでもらえるので、私自身日々生教材を探しています。

 

 

余談ですが・・・・

学生情報によると電車の英語アナウンスは路線によってアメリカ英語、イギリス英語など違いがあるそうで、東海道線はオーストラリア英語だそうです。

 

自分では気づけないことを逆にを教えてもらえるのも日本語教師のおもしろいところです!

 

 

 

日本Japaneasyホームページ

Japaneasyの日本語クラス、養成講座、文化クラスに子ども教室、講師紹介などJapaneasyの全てが詰まっています☆

 

 

日本日本語教師養成講座ページ

養成講座について知りたいならまずはこちらのページへ☆
フルタイム15期は9月2日~!   7月24日(水)養成講座説明会も開催します


日本Instagram
日々のJapaneasyの様子をお届けしています☆

日本Facebook

イベント情報、Japaneasy写真アルバムなど、HPには載っていない生のJapaneasyが見られます☆

 

日本Twitter

ブログ更新のお知らせや日々のつぶやき、受付の独り言などDeepなJapaneasyを知りたい方はこちら☆

 

手紙reception@japaneasy.com.au