コーヒーの街ならでは★自分だけのコーヒーカップが作れる! | オーストラリア・メルボルンで日本語教師

オーストラリア・メルボルンで日本語教師

オーストラリア・メルボルンの日本語学校「Japaneasy」です。
当校は2008年に創立され、現在は日本語学習者数約300人を抱えるオーストラリアで最大級の日本語学校です。
学校の様子やメルボルン情報、日本語教師養成講座の様子などを皆さんにお届けします☆


テーマ:

こんにちは!まゆみです。

 

私事ですが、先週日本からお友達(Kさん)が遊びに来ていたので、少しお休みをもらって色々とメルボルンを案内していました。

 

Kさんは友達や同僚にお土産をたくさん買っていたのに、Kさん自身へのお土産はあまり考えていないようでしたびっくり

 

せっかくなのでメルボルンらしいものを持って帰ってもらいたい!と思い頭に浮かんだのが

 

メルボルンといえばコーヒー!
コーヒーでメルボルンと言えばKeepcup

 

 

Keepcupとはメルボルンで産まれた再利用可能なコーヒーカップのことです。

こんな感じ

 

オーストラリアはコーヒーの消費量が他に比べてとても多く、オーストラリア全土で30分で約50,000個の紙コップが消費されているというデータがありますチーン

 

その中でもカフェ軒数が多いメルボルンではコーヒーを持って歩いている人を見ない日はないほどのコーヒーLOVEハートコーヒーな街。

 

毎日大量に消費される紙コップをどうにかして減らせないか、という思いからとあるカフェのオーナーによって開発されました。

 

 

【コルクバージョン】

 

街の至る所で見かけるKeepcup。

エコへの関心が高いのもオーストラリアの魅力ですね。

 

 

このKeepcupの素敵なところは

① 何度でも再利用可能

② 電子レンジ対応

③ カラーバリエーションが豊富

そしてそして

④ 自分だけのkeepcupが作れる!

 

店頭ではすでに決められた組み合わせで販売されていますが、オンラインではカップのサイズ/種類/パーツのカラーを自分好みの組み合わせで作れるんです!

 

【Keepcup websiteより】

 

 

Kさんにはせっかくだから自分だけのオリジナルを作ってもらいたいと思ったのですが、滞在中に届くか不明だったことと、旅行先でオンラインショッピングというのもなんだかなぁ・・・ということで私たちはKeepcup本社オフィスへ向かいました!

 

 

【オフィス外観】


こじんまりとした外観ですが、中はオフィスエリアが奥まで続いていて広々!

 

入口付近に販売コーナーがあってここにもいろいろなデザインが。

 

そして引き出しの中にパーツが入っていて、実物で組み合わせを見ながら選ぶことができるようになっています。すごい量!!

 

すぐにスタッフの方が来て親切に説明してくれたあとは「楽しく迷ってね♪」といって放置してくれました。

プレッシャーがなくて良いですねキラキラ

 

 

↓数十分間真剣に迷い続けるKさん

 

 

そして迷いに迷って決めたデザインがコチラ


 

可愛いオリジナルkeepcupが出来ました♪($30)

 

これは店頭では見ない組み合わせ!Kさん本人も大満足★

 

日本に帰ったら毎日のコーヒータイムが楽しみになるなぁと言ってくれて、私も嬉しくなりました。

 

 

皆様も旅行に来られた際はぜひ自分だけのkeepcupを作ってみてはいかがでしょうか??

 

 

日本Japaneasyホームページ

Japaneasyの日本語クラス、養成講座、文化クラスに子ども教室、講師紹介などJapaneasyの全てが詰まっています☆

 

日本日本語教師養成講座ページ

養成講座について知りたいならまずはこちらのページへ☆
第13期は2019年 1/21~4/9★


日本Instagram
日々のJapaneasyの様子をお届けしています☆

日本Facebook

イベント情報、Japaneasy写真アルバムなど、HPには載っていない生のJapaneasyが見られます☆

 

日本Twitter

ブログ更新のお知らせや日々のつぶやき、受付の独り言などDeepなJapaneasyを知りたい方はこちら☆

 

手紙reception@japaneasy.com.au

 

JAPANEASYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス