JD BLOG

JD BLOG

米国の休暇中やお盆期間に更新頻度が上がるようです。

 

先日、次男の七五三のお祝いで明治神宮に行ってきました。

少し遅れて12月の参拝となってしまいましたが、良いお天気に恵まれ、無事にご祈祷して頂けました。

  

写真は神主行列。結構壮大な眺めでした。

 

米国のパートナーに七五三を説明するときに気が付いたのですが、このイベントの深い意味が分からない。

今までボーっと生きてました。チコちゃんに叱られる。子育てと同じで、海外と仕事するのも日々勉強です。

 

It's a traditional event called Shichi-go-san to celebrate the growth of children. 

We went to a shrine and pray for the healthy growth of children.

 

こんな感じで説明しました。チコちゃん、これで許してください。

 

4月から長男のサッカーの試合(公式戦)が始まっております。試合の結果によっては、GWも試合が組まれる可能性あり、ということだったので、今年は半ばお出かけを諦めていましたが、なんとか隙を見つけて、新緑の美しい那須塩原の三依渓流つり場に行ってきました。

http://www.sk28.com/miyori/

 

ここは「釣堀り」と「渓流釣り」の良いところを組み合わせたようなシステムで、自然の渓流の中に、専用の管理区域を作り、そこにサカナを放流してくれます。本物の自然の中で釣りを楽しみながらも、サカナが泳いでいるのが見えるので、比較的簡単にサカナが釣れます。もちろん足ぐらいなら、川の中に入れても大丈夫ですので、ワタシみたいな小さい子供がいるファミリーに最適です!

 

こんな感じです。

 

でも大問題があることを、すっかり忘れてました。いや、気が付かないふりをしていただけなのですが。。。

 

わたくし、生きた魚(および気持ち悪い生きたエサ)に触れません。

もしかしたら!!と期待を込めて妻に助けを求めても、「キャーキャー」言っているだけで、どうやら妻は自分よりも頼りになりません。

 

シティボーイ(40歳目前)が仇になりました。ああ。もうダメだ。。

 

と思ったところで、あまりのワタシの悲壮な顔を見かねた釣りマスターのおじさんが助けに来てくれました。神だ。

サカナの針の外し方のコツを教えてもらい、多くのサカナに犠牲になってもらい、ついに身勝手の極意を習得!

 

釣ったサカナ(ニジマス14匹とヤマメ2匹)は、塩焼きとから揚げをにして、おいしく頂きました^^

(注:命は絶対に粗末にしないことを息子に教えるため、3年分くらいのニジマスを頂きました)

 

ゴカイという難関を乗り越える決心がついたら、今度は海釣りにも挑戦したいと思います!

 

 

 

 

 

2月も中旬以降になると、花粉症の人たち(私)が悶える季節がやってきます。

 

昨年は症状が酷かった為、薬局で鼻炎薬を処方してもらいましたが、なんか乾燥したり眠たくなったり、イマイチ本当に効いているのかよく分かりませんでした。

(ちなみに特定の人たちには効果抜群という噂のある飲むヨーグルトも、私(の目の痒みと鼻水)を止めることは出来ませんでした。)

 

そこで、今年こそは最終手段の「じゃばら 100%」を試しております。

これ(↓)が「じゃばら」だ!

 

なんか調味料として使うとよいみたいな説明がありますが、そんな面倒なことをする気力はありません。

ジュース的要素も、おいしさ的味わいも、今の私には要らないのです。薬の代わりで良いのです!

 

10mlを食後に飲めばいいらしいのですが、10mlでも胃が酸で溶けるのを感じます(めちゃ酸っぱいです)。

花粉に鼻をやられるのが先か、じゃばらに胃をやられるのが先か・・・。

 

結果はいずれこのブログでお知らせします。