会員の皆様、お元気でお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルス感染症は、変異株オミクロン型の登場で、完全収束までの道がまた少し伸びてしまいました。一方で、予防接種の普及や治療薬の登場など、明るいニュースも聞かれます。

タティング協会では、2022年度より、通常の集会形式の講習会の再開に向けて準備中です。現時点での予定は11月の会報に掲載していますが、具体的な日程、会場等がきまりましたらこちらのブログでもお知らせしますのでよろしくお願いいたします。


さて、2022年最初の会報は、2月末発行、発送の予定です。 皆様からのおたより、作品写真等を募集しております。
展示会やワークショップの参加予定情報や、体験レポート、手芸本の感想、日常のエピソードなどの投稿も歓迎です。


日本タティング協会 会報 2022年2月号(2月25日頃発行予定)

締め切り: 1月25日(火) ※メール投稿の場合

※郵送の場合は、1月25日までにタティング協会事務局に届くようお送りください。

メール宛先: info@japan-tatting.com

郵送: お手元の会報裏面に記載の、協会事務局あてにお送りください。

※記事、お写真の掲載時には、投稿者のお名前とお住まいの都道府県名のみを記載させていただいています。投稿の際にお知らせください。また、都道府県名の記載を希望されない場合はその旨お書き添えください。


沢山の方からのお便りをお待ちしています!

会員の皆様、お元気でお過ごしでしょうか。

10月に入って、全国の緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が解除となりました。全国どこにも国の規制のない状況はほぼ半年ぶりとのことですが、自治体独自の感染拡大防止条例などを実施しているところもまだまだ多いようです。ここで油断をせず、引き続き感染症対策をしっかりおこなって過ごしていきたいですね。

さて、次号会報は、11月末発行、発送の予定です。クリスマスシーズンにも活用していただけるようなパターンのご紹介等を予定しております。

講習会活動ができない中、会報では会員の皆様の作品写真や、活動報告をできるだけ多くご紹介したいと考えております。

前号(7月号)会報に掲載のしおり、ブレスレットをお作りになった方はぜひお写真をお送りください。また、クリスマスシーズン、前後してハロウィンやお正月など、季節の作品写真も募集いたします。その他、今までに作られた作品の写真があれば、どのようなものでも結構ですのでお送りください。使用糸や、工夫したところなど、自由にコメントしていただければ嬉しく思います。

また、展示会やワークショップ、手芸本の感想、日常のエピソードなどの投稿も歓迎です。


日本タティング協会 会報11月号(11月27日頃発行予定)

締め切り: 10月25日(月)※郵送の場合  10月31日(日)※メール投稿の場合

メール宛先: info@japan-tatting.com

郵送: お手元の会報裏面に記載の、協会事務局あてにお送りください。

※記事、お写真の掲載時には、投稿者のお名前とお住まいの都道府県名のみを記載させていただいています。投稿の際にお知らせください。また、都道府県名の記載を希望されない場合はその旨お書き添えください。


沢山の方からのお便りをお待ちしています!

皆さま、お元気ですか?

2021年も三分の一が過ぎました。再三の緊急事態宣言、まん延防止等重点措置など、先の見えない生活が続いております。

昨年と同様、日本タティング協会も集会形式での講習会ができずにおりますが、そんな中でも、通信学習レシピや、会報掲載の作品レシピを楽しんで作って下さったとのお話を伺い、うれしく思っております。

会報でも、会員の皆様の作品写真は好評です。7月下旬発行予定の次号会報でも、皆様の作品写真を募集しています。

前号(2月号)の会報に載せました、ハート、丸型のサシェの作品が出来ている方はぜひ写真をお寄せ下さい。また、今までに作られた作品の写真があれば、どのようなものでも結構ですのでお送りください。

その他、自宅にこもりがちな今日この頃に思うこと、気がついたことなど、写真のない投稿も歓迎です。

日本タティング協会 会報7月号(7月28日頃発行予定)

作品写真、お名前、お住まいの都道府県名をお送りください。※記事、写真をお寄せくださった方のお名前と都道府県名を記載できればと考えております。

締め切り:6月30日(水)

メール宛先: info@japan-tatting.com

郵送: お手元の会報裏面に記載の、協会事務局あてにお送りください。

沢山の方からのお便りをお待ちしています!

日本タティング協会会員の皆様

本年もよろしくお願いいたします。

2020年は、新型コロナウイルス感染症のため、3月以降の活動が大きく制限されてしまいました。2021年も、再度の緊急事態宣言が発令されるなど先行きが不透明ですが、できることを探りつつ活動を始めています。

次号会報は、2月22日(月)発行予定です。

 

 

加藤慶子先生デザインの「ハートのサシェ(ポプリ入れ)」のレシピが掲載されています。どうぞお楽しみに。


年会費の更新がお済みでない方は、引き続きお手続きをお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

会員の皆様、お元気でお過ごしでしょうか?

新型ウイルスの感染拡大状況は徐々に回復してきてはおりますが、まだまだ不要不急の外出は控えめにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

日本タティング協会の講習会も通常の開催ができず、違った形での講習を模索中です。

先日、会員の皆様にお送りした「通信学習」のミニドイリー、作ってみていただけましたでしょうか?
小ぶりながら、挑戦し甲斐のあるデザインです。また、今回は皆さんのお手持ちの糸で作っていただく形にしましたので、色の組み合わせで印象も大きく変わることと思います。

そこで、次号の会報で、この「通信学習」ミニドイリーの写真を特集して掲載したいと考えております。
皆さんがお作りになった作品写真を、メール、またはお便りで、協会事務局までぜひお寄せください。

また、他にも、春からの外出自粛期間中に取り組まれた作品がありましたら、この機会に写真をお送りください。会報でレシピを掲載した作品、以前の講習会作品など、できるだけたくさんの作品をご紹介したいと考えております。

コメント文章の有無は自由です。使った糸などをご紹介いただくのもよいですね!

日本タティング協会 会報11月号(11月11日発行予定)

作品写真、お名前、お住まいの都道府県名をお送りください。※次号より、記事、写真をお寄せくださった方のお名前と都道府県名を記載できればと考えております。

締め切り:10月15日(木)


メール宛先: info@japan-tatting.com
(協会サイトのメールフォームは、画像の添付ができないため今回は使えません)

郵送: お手元の会報裏面に記載の、協会事務局あてにお送りください。

沢山の方のご参加をお待ちしています!