浮気の証拠

テーマ:
「浮気の証拠とは」

 裁判所で認められる証拠とは不貞行為(性交渉を持つこと)とします。
 ですから、特定の異性に好意を持ちキスをした・肉体関係は持たずに手紙の交換を続けている程度では、不貞行為とは認められません。
 しかし、これらの行為でさえ配偶者には非常に傷つき苦しめられます。
不貞ではないけれども、貞節でない行為や無断外泊など不貞が疑われても仕方がない行為を繰り返している場合には「婚姻を継続し難い重大な理由」に該当し、離婚が認められています。
 また、配偶者が同性愛者であった場合でも、判例では離婚を認めています。

 

日本総合探偵事務所 0120-078-305