海外の医師の意見

テーマ:


アメリカの医師から手紙が届きました。

【私が初めてコスメティックタトゥー(アートメイク)の教育を受けたのは1970年のことでした。パーマネントコスメティック(アートメイク)をすることで医学の教育への学費をを払いました。そして9年後の1979年以来パーマネントコスメティックの講習をスタートしました。

私は初めに皮膚学と不妊治療の学位を取得し、さらに美容皮膚学、レーザー治療、モース顕微鏡手術の学位を取得しました。私はその時、酸や爆発などによってやけどを負いながらも生き残った人達と働くことができるように、再び大学に戻り整形手術について学びたいと思いました。4つの学位を取得した後、すべての患者に自分が働く資格を与えられたと感じました。

教育のための多くの時間を過ごした後でさえ、私はもちろん新しいテクノロジーから遅れをとらないため、またさらなる自分の医学のために時には発言者として、会議や学会に参加しつづけています。教育は最も重要であり教育と経験はすべての分野で鍵となります。

理由は以下の通りです
パーマネントコスメティックを行っている国の数カ所ではパーマネントコスメティックの施術者として働ける許可が存在せず、そのかわりに医師のみが人の顔にパーマネントメイクをすることが許されているということに私は注目してきました。これに私は同意することはできません。それには理由があります。外科医は患者に手術するために訓練されおり、メイクアップアーティストはクライアントにメイクアップを施す訓練をされています。私自身外科医として、自分の顔にメイクアップを施すために外科医のところにはいきません。なぜならば、外科医はメイクアップアーティストとしての訓練は受けていないからです。パーマネントメイクアップだとなおさらです。もし正しくメイクアップされていなければ、家に帰って顔を洗うこともできません。同様に私は自分に外科手術をするためにメイクアップアーティストのところに行かないでしょう。

もし外科医が男性だったら?すべてに反対する男性だったら?
私には大好きな夫と息子がいます。しかし、かつて彼らは自身にメイクアップをしたことが一度もなく、それは多くの悪化を生み出します。なぜなら、彼らはメイクアップのアプリケーションも経験も持ち合わせてないからです。それゆえ、彼らが私の顔にメイクを施すのを信用できないでしょう。これは多くの女性が少なくとも経験しています。しかしながら、私自身は自分にメイクをしていながら、患者やクライアントにデザインするためにプロフェッショナルなメイクアップアーティストの講習を受けました。私は確信し、私はその点を私自身明確にしました。

私はすべてを行う医者として学位を取得するために、自分の人生の多くの時間を過ごしました。
私は外科医がパーマネントメイクアップを施すことについて、同僚たちと談話をしてきました。
そして、私は言わなければなりません。大抵の者が笑い言いました。私たちは医者でありメイクアップアーティストではない。
従って、医者は教育をうけた医療の分野で働くべきであると考えます。そしてパーマネントコスメティックのプロフェッショナルも。正しいトレーニングを受けてきた彼らが彼らのクライアントにパーマネントメイクアップを施すべきだと強調します。】

医師は医療のトレーニングを受けており、メイクアップアーティストはメイクの訓練を受けている。それぞれの専門にあった仕事をするべき。日本の医療が笑われてしまいます。




引用元:海外の医師の意見