日本“島購入”は政治が優秀なだけではなく、経済と軍事価値によだれを垂らしている | 日中ニュース比べ読み
2012-07-31 18:07:49

日本“島購入”は政治が優秀なだけではなく、経済と軍事価値によだれを垂らしている

テーマ:ブログ
日本购岛不只是政治秀 垂涎经济事价

尽管无理无据,日本却死咬
钓鱼岛不放,是因岛屿海洋源的经济也好,是小本身的事价,可以日本有着利益攸关的略意
首先是石油
源。1968合国经济会通过对台湾海峡以北海底源的勘发现包括钓鱼在内的广大海海域藏着十分丰富的海底石油源。1969年美国伍海洋研究所海洋地教授埃默里更是在学术报告中指出:本地区最有利于石油及天然气生成的部分,当数台湾20万平方公里区域,沉物的厚度超2公里……里极可能是世界藏油最丰富的地区之一。告中所提及的20万平方公里的区域,正在钓鱼附近。埃默里甚至把它称另一个波斯湾
自然使受源短缺、石油缺乏困的日本对这一地区生了趣。由此,日本政府才在后首次正式提出了对钓鱼的主要求。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

なんの根拠もなく、日本は尖閣諸島を手放さない。これは、島周辺の海洋資源の経済価値がよいだけではなく、小島本来の軍事価値も考えると、日本にとっては利益に関わる戦略意義があるといえる。
まずは石油資源である。1968年連合国アジア経済委員会は台湾海峡北海底での資源の観測を通して、尖閣諸島を含む広大な東海海域には非常に豊富な海底石油資源が隠されていることを発見した。1969年アメリカウッズホール海洋研究所海洋地質教授エモリーは学術レポートの中で、「本地区は石油および天然ガスの生成に最も有利な部分であり、台湾東北20平方キロメートルの区域にあてはめると、埋積物の厚さは2キロを超す・・・・ここは世界油埋蔵に最も富んでいる地区の一つである可能性が極めて高い。」と指摘した。レポートの中であげられた20万平方キロメートルの区域とはまさに尖閣諸島付近である。エモリーはさらにそのことを「もう一つのペルシャ湾」と呼んだ。
 この自然の資源不足を受け、石油欠乏で困っている日本はこの一帯地区に深い感心をよせた。このため、日本政府は戦後初めて正式に尖閣諸島の主権要求を訴えた。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

中国国民の9割が「軍事行動に賛成」 尖閣諸島領有めぐり事態は緊迫化

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス