日本東京上野動物園のパンダの赤ちゃん保育器に移される | 日中ニュース比べ読み
2012-07-10 16:50:50

日本東京上野動物園のパンダの赤ちゃん保育器に移される

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

日本京上野物园熊猫幼崽被移至保育箱

 中新网
78 据日本共同社消息,京上野物园7日称,大熊猫“真真”下的幼崽雄性。由于“真真”不再抱着刚产下的幼崽,幼崽已被移至保育箱。
  据园方介
,幼崽重133克,在保育箱内十分安静。将“真真”的母乳放入奶瓶喂养幼崽,育情况。如果母子体力恢复良好,将于8日将幼崽放回。
 “真真”
5日生后,一直抱着幼崽,但6日晚上11点半左右开始将幼崽放下,食用竹笋和竹子等。因幼崽叫声逐减弱,员暂时将幼崽抱起保温。之后又将幼崽放至“真真”身,但并未被“真真”抱起,因此7日凌晨1点左右将在水泥地上的幼崽移至保育箱。
 动
物园副园福田丰在者会上表示:“真真生后并未睡过觉。不关心孩子应该只是累了吧,不一定是放弃养。我们对真真养孩子保持乐观度。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

 中新ネット7月8日、日本共同者のニュースによると、東京上野動物園は7日、ジャイアントパンダ“シンシン”が出産した赤ちゃんが雄であることを発表した。シンシンが生まれたばかりの赤ちゃんを抱かなくなってしまったため、赤ちゃんは保育器に移された。
 園側によると、赤ちゃんの体重は約133グラムで、保育器では非常におとなしいという。飼育員はシンシンの母乳を哺乳瓶に入れ、赤ちゃんに与え、発育の様子を観察するという。母子の体力の回復が良好であれば、8日に赤ちゃんを戻すという。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ
 
上野動物園
:パンダの赤ちゃんは雄

 東京・上野動物園は7日、ジャイアントパンダのシンシンが5日に出産した赤ちゃんを抱く様子がみられなくなったため、赤ちゃんを保育器に移したと発表した。性別は雄と判明した

 動物園によると、赤ちゃんの体重は約133グラム。保育器内で保温して安静を保っており、人工乳を哺乳瓶で与え、獣医師らが経過観察している。

 6日午後11時半ごろ、赤ちゃんがシンシンの胸元から離れ、鳴き声も弱くなった。飼育員がいったん取り上げ、体の表面が少し冷たかったため保温。シンシンの元に戻したが、餌のタケノコを食べていて抱く様子がみられず、7日午前1時ごろに赤ちゃんを保育器に移した。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス