日本で消費税増税法案可決 在日中国人の生活に影響 その2 | 日中ニュース比べ読み
2012-06-28 09:26:35

日本で消費税増税法案可決 在日中国人の生活に影響 その2

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

日本通税增税法案 在日人生活将受影

此外,随着消
税税率的提高,、天然气、交通用等公共源价格也会呈上升。JR日本路公司在97年消税提高的候,就将山手线内的起步价提高了10日元,达到130日元。此次,他也已表示将不得不。航空方面,日本航空社植木羲晴在626日的者招待会上也表示,公司已将机票野。可,日本国内票价上已是弦上之箭。但好消息是,国线票价不属于消税征税范。因此,在日人回国探担不会增加。
再次,
电费方面就算没有消税新法案也会价。由于日本国内大部分核站停运,度依靠火力发电使燃料大幅上力公司已向日本经济产业省提出申,要求家庭用电进行平均10.8%的提价。如果核问题再没有准确法,那么其他力公司可能也会提出同的要求。
  最后,消
税增税会来商品生者成本增加、大。也会使日常消价不可避免,在日人可能即将面轮涨价潮。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

この他、消費税税率の値上げに伴い、電気、天然ガス、交通費用などの公共資源価格も明らかに上昇するだろう。JR東日本鉄道会社は97年消費税値上げの際、山手線内の“初乗り価格”を10円値上げし、130円とした。今回、彼らもすでに「価格の引き上げをせざるを得ない」ことを発表している。航空界では、日本航空植木義晴社長が6月26日の記者招待会で、会社はすでに航空チケットの価格の引き上げ納入も視野に入れていると発表した。日本国内チケット価格の引き上げはすでに目前に迫っているが、よい情報としては、国際線のチケット価格は消費税徴税の範囲に属していない。このため、在日中国人が帰国する際の負担は増加することはない。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

消費税増税法案が衆議院で可決 反対総数96票で民主党分裂へ

消費税増税法案など社会保障と税の一体改革関連法案は、2012年6月26日午後の衆議院本会議で賛成363票で可決された。参議院の審議を経たのちに、消費税率は2014年4月に8パーセント、15年10月に10パーセントと段階的に引き上げることになる。最終的に反対は96票投じられ、かねてから増税反対の姿勢を示していた民主党元代表小沢一郎氏をはじめ、造反した議員は離党する可能性が濃厚になっている。
今回記名投票が行われており、造反した議員の名前は後に明らかになるだろう。推定で57名が反対票を投じたようで、造反議員は自ら離党するか党本部の処分を受けることになるだろう。小沢氏をはじめとする議員らは今後、新党結成の意志表示を行うものではないだろうか。
離党者が54名以上になれば、民主党は単独で「内閣不信任案」を否決できなくなる。そのため党本部は、造反者全員の離党を避けるために、説得に当たるものと思われる。そして造反に対する処分も軽いものになる可能性がある。
また自民・公明は法案成立後に速やかに衆議院の解散を望んでおり、野党との調整も危うい状況である。いずれにしても、今後消費税増税に向けた法案の成立が進むことになる。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス