日本海洋エネルギーの開発に取り組む 首相が海洋の重要性を強調 | 日中ニュース比べ読み
2012-05-27 09:55:46

日本海洋エネルギーの開発に取り組む 首相が海洋の重要性を強調

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

日本将致力开发海洋能源 首相强调海洋重要性

中新网
525 据日本共同社道,日本政府25日召开综合海洋政策部会,决定将致力于开发海洋能源。日本首相野田佳彦称,海洋源的开发是日本展的重要课题
  据悉,
试验开发的海域将向日本各地方政府公征集,于2013年度定。福站事故后,开发以外的能源成之急,日本将致力于开发具有潜力的海洋能源。
  日本首相野田佳彦
强调,日本是海洋国家,海洋源的开发是重要课题一方将成为实现全新能源社会的基
道称,日本的海和经济(EEZ)447万平方公里。除海上力外,可以利用潮汐、海浪及海水温度差发电。日本政府认为海上发电的潜力高于地。
  此外,本次会
议还制定新的海洋基本划,并切做好日本大地震时产生的海上漂流物的理工作。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

 中新ネット5月25日、日本共同社の報道によると、日本政府は25日に開かれた総合海洋政策総部会議において、海洋エネルギーの開発に取り組むことを決定した。日本の野田佳彦首相は、海洋資源の開発は日本発展の重要課題である、と述べた。
知るところによると、試験開発の海域は日本各地方政府に公開募集し、2013年度に選定する。福島原子力発電所の事故後、開発原子力以外のエネルギーは当面の急務となり、日本は潜在力のある海洋エネルギーの開発に取り組む。
 日本の野田佳彦首相は、日本は海洋国であり、海洋資源の開発は重要課題である、と強調した。この方針は全ての新エネルギー社会の基礎の実現となるであろう。
 報道は、日本の領海と専属経済区の面積は計447万平方キロメートル。海上風力を除くと、潮流、波、海水温度差を利用して発電ができる。日本政府は海上発電の潜在力は陸地よりも高いと考えている、と述べた。
 このほか、今回の会議では新たな海洋基本計画の制定も確定し、東日本大地震の際起こった海上漂流物の処理作業を適切に行なうことを決めた。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

海洋エネルギーの利用促進へ=風力や波力、対応方針を決定―政府
 政府は25日、総合海洋政策本部(本部長・野田佳彦首相)を開き、洋上風力や波力といった海洋再生可能エネルギーの利用を促進するための対応方針を決定した。
 方針は東京電力福島第1原発事故を受けエネルギー政策が見直される中、海洋エネルギーを使った発電技術の実用化に向けた施策を講じる必要性があると強調。実証実験を行う海域を2013年度に選定するほか、発電事業を行う場合の法整備も検討するとした。
 会合では、国連の大陸棚限界委員会が新たに日本の大陸棚として約31万平方キロメートルを認めたことも報告され、野田首相は「今後の海洋資源の開発利用に向けて大きな成果だ」と述べた。 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス