朝鮮に拘束されていた漁民解放、今日大連へ 中国側いまだ身代金を払わず | 日中ニュース比べ読み
2012-05-21 09:09:22

朝鮮に拘束されていた漁民解放、今日大連へ 中国側いまだ身代金を払わず

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

被朝扣押获释今日抵大 中方未

据有关媒体
道,据23536号船主称,在朝扣押中国船事件生十几天后,已与被扣中国船船取得系,三艘被扣船只目前已经获得自由,并在返航途中,所有29名被扣船也都在船上,最会在21日中午之前返回大。据中方并没有付任何金,早前朝方面一度要求中方付每条船40万人民、共120万人民币赎金才会放人,之后又改变赎金金

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

関連メディアの報道によると、
23536号の船主によると、朝鮮に拘束された中国漁船事件が発生して10数日、すでに拘束されていた中国漁船船長と連絡が取れた、という。三隻の拘束されていた船は現在すでに自由となり、反航途中であり、29名の拘束されていた船員も全員船上にいるという。遅くとも21日正午前には大連に戻ってくるという。
報道によると、中国側は如何なる身代金も払っておらず、早期には朝鮮側は船ごとに40万元、計120万元の身代金で解放すると中国側に要求していたが、その後、身代金金額も変わっていた。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

中国人乗組員全員帰港へ=北朝鮮武装船事件

新華社電によると、黄海で操業していた中国漁船3隻と乗組員29人が北朝鮮の武装船に拘束された事件で、北朝鮮外務省は20日夜、乗組員全員が自由の身となり、漁船と共に帰港すると平壌の中国大使館に通報してきた。

 中国漁船の乗組員は今月8日、黄海で操業中、北朝鮮の武装船に拘束され、翌日漁船の船主に金銭の支払いを要求する電話があった。武装船の実態は不明で、漁業取り締まりとの見方がある一方で、海賊の可能性も中国メディアで報じられていた。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス