“世界工場”終結 その2 | 日中ニュース比べ読み
2012-04-29 08:55:22

“世界工場”終結 その2

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

世界工厂终结——“美国制造5年内撤离中国

 中国
此提出了反。中国国家展和改革委会在一声明中指出,然企业进驻海外的目的之一是降低成本,但投地的消潜力也不容忽改委认为,即便中国作世界工厂优势减弱,作世界市的吸引力也会越来越高。
 从地理位置来看,日美两个国家与中国的位置关系完全不同。因此,日本制造
不能照搬上述针对美国市的推算果。尽管中国的人均工每年以两位数的速度增,但2010年的平均工资还只有37156元。工水平仍远远低于日本。
 但是,在中国投
产较早的迅)已开始将生基地移至孟加拉等人力成本更低的国家。
 站在提供就
业岗位的角度考,日本也早日讨论鼓励制造日本的问题。中国人口化的冲正迫使日本制造业发



→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

 中国はこれに対し反対意見をあげた。中国国家発展と改革委員会は声明の中で、「企業が海外に駐在する目的の一つはコストを下げることであるが、投資場所の消費潜力も軽視できない。」と指摘した。発展改革委員会は、中国は“世界の工場”の優勢は弱まっているが、“世界市場”としての魅力はさらに高まっている、と考える。
 地理から考えると、日米2か国と中国の位置関係はまったく違う。このため、日本製造業は上述のようなアメリカ市場の推算結果に照らし合わすことはできない。中国の一人あたりの平均報酬は毎年2人分の速度で成長しているが、2010年の平均報酬はいまだ3万7156元である。報酬レベルはまだ日本には遠く及ばない。
 しかし、中国への産業投資が比較的早かったファーストリテイリング(ユニクロ)はすでに生産基地をバングラディッシュなどの人材コストがさらに低い国に移し始めている。
 就業先を提供する立場から考えると、日本も1日もはやく製造業を日本に取り戻すことを奨励すべきだ。中国の人口の変化による影響力は日本製造業にも変革の発生を迫らせている。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

「世界の工場」とされた中国から企業の撤退や事業縮小が始まっている。背景にあるのは人件費の高騰が大きいが、中国独自のさまざまな規制や参入障壁、参入後の競争の激化に知的財産権の問題なども残る。
ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)が、米国を拠点とする製造業106社を対象に調査したところ、全体の37%の企業が「中国からの製造拠点の移転を計画、または積極的に検討している」と回答。売上高100億ドル(約8150億円)以上の企業では、48%がそう答えたという。
 米国では「回帰」で300万人の雇用創出と試算
BCGによると、中国に進出している企業の大半が「中国の人件費は上昇し続ける」とみており、さらに日本や欧州といった先進国と比べても米国の人件費は安くなりつつあると指摘している。
ゼネラル・エレクトリック(GE)はこれまでメキシコと中国にあった家電の製造拠点をケンタッキー州に戻した。BCGは競争力のある製造拠点を米国に置くことで、向こう10年間で最大300万人の雇用創出が見込めるとしている。
日本でも中国からの撤退・事業縮小の動きは、すでに起こっている。
「洋服の青山」を展開する青山商事は、現在75%ある中国の生産比率を3年後には50%に縮小する計画だ。中国製の「安さ」を売りものに紳士服の販売を伸ばしてきた同社も、「人件費の高騰」を理由にあげるており、今後はベトナムやカンボジア、インドネシアなどに縫製部門を移す。同社は「中国からの撤退ではなく、一部を移転するだけです」と話している。
アパレルでは「ユニクロ」を展開するファーストリテイングも、中国以外での生産規模を拡大する傾向にある。
富士ゼロックスは、年内をめどに商業用の高速デジタル印刷機の生産を、中国から新潟工場に移管する。中国での生産は量産品に特化。同社は、「新潟工場の生産効率が上がってきたこともあり、まずは1機種を移すことにしました」と説明。他の機種も状況をみながら検討する。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス