工商総局「深圳唯冠は依然としてiPad商標の合法的な登録者である」 その1 | 日中ニュース比べ読み
2012-04-25 08:58:46

工商総局「深圳唯冠は依然としてiPad商標の合法的な登録者である」 その1

テーマ:ブログ
(中国の記事)

工商局:深圳唯冠仍是iPad合法注册

 新京
报讯 者刘夏 郭少峰)昨日,国家工商行政管理局副局付双建称,目前深圳唯冠仍然是iPad的合法注册人。这让唯冠与苹果
公司的iPad标纠纷案再度成关注焦点。
 工商接到投
仍在调查
 在国
院新闻办昨日行的新闻发布会上,付双建苹果公司与唯冠的iPad标纠纷行了回。他表示,“根据中国商法的有关定,目前深圳唯冠仍然是iPad的合法注册人。”
2010
年,苹果公司在深圳起唯冠,要求确iPad标专人。2011年底,一判决苹果败诉。今年229日,案在广高院开庭二,至今未宣判。
 其
,唯冠先后在深圳、惠州起苹果两家经销商,惠州法院已做出裁决,苹果当地经销败诉。今年26日,唯冠又向上海浦新区法院提出申,要求苹果停止于“iPad”商继续使用、禁止售“iPad”。但上海法院拒了唯冠的一要求。
 付双建昨日
,苹果公司与深圳唯冠ipad标转让合同纠纷案件目前正在司法诉讼程序中。由于个案件的影响大,且法院的终审判决直接影响ipad属,工商部将慎重理此案。一些地方工商局接到深圳唯冠的投依法行了立案,在仍调查证阶段。在法院终审判决后,工商部此案依法

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

新京報訊は昨日、国家工商行政管理総局付双建副局長が、現在深センの唯冠は依然として、iPad商標の合法的な登録者である、と述べた。これは唯冠とアップル会社のiPad商標の紛争案件に再度注目する焦点とさせた。

 国務院ニュースは昨日行ったニュース発表会で、付双建がアップル会社と唯冠のiPad商標紛争案件について回答した。彼は、「中国商標法の関連規定によると、現在深セン唯冠は依然としてiPad商標の合法的な登録者である」とした。
 2010年、アップル会社は深センで唯冠を起訴し、iPad大陸商標専用権利人であることの確認を要求した。2011年末、第一裁判はアップルの敗訴の判決を下した。今年2月6日、唯冠は更に上海浦東新区裁判所に申請を申し出し、アップルが“iPad”に対し商標の使用継続の停止と、“iPad”の購買の禁止を要求した。しかし上海裁判所は唯冠の要求を拒否した。
 付双建は昨日、アップル会社と深セン唯冠のiPad商標の譲渡契約紛争案件は現在司法訴訟の最中である。この案件の影響力は大きく、裁判所の最終裁判の判決は直接iPad商標の権利帰属に影響するため、交渉部門は慎重にこの案を処理するかまえだ。一部の地方工商局は深セン唯冠の訴えを受け、法による立案を行い、現在はいまだ調査取証の段階である。裁判所の最終裁判の判決の後、工商部門はこの案に対し法的処理を行う見込みだ。


(日本の記事)

→日本の記事のページへ

iPadの商標権、中国企業が保有…当局が見解

多機能情報端末「iPad(アイパッド)」の中国での商標権をめぐり、中国工商行政管理総局の付双建副局長は24日の記者会見で、「商標法の規定上、合法的な登録者は依然として『唯冠』だ」と述べ、中国のIT機器メーカー「唯冠科技」が商標権を保有しているとの見解を示した。
中国政府が見解を明らかにするのは初めてだ。
 米アップルは昨年、商標権所有の確認を求めた1審で敗訴し、現在、広東省の高裁で控訴審の審理が進められている。
 唯冠は各地の商工当局にアイパッドの販売の差し止めを申請している。付副局長は「高裁の審理が終了したら、法に従って処理する」と述べ、高裁の審理を待つ考えを示した。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス