日本長崎で280メートルの長い寿司作り 参加人数は1200人 | 日中ニュース比べ読み
2012-04-11 11:46:51

日本長崎で280メートルの長い寿司作り 参加人数は1200人

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

日本崎制280寿司 参与人数达1200

 据日本《朝日新
》网站道,日本大村市的长长街道上7行了一寿司制作活,人希望用当地名的模寿司——“大村寿司来挑日本第一度的记录。活共有1200人参与,制作的寿司280米。
  在特制的木
模型里塞入制作寿司的米,配上菜姜就做成了寿司。为纪念建市70周年,人将寿司做成了4厘米,全部共切成7千个,做好后分
 当地商店
会等过饮食文化加深人们对,他们认为就算不能被吉尼斯世界纪录等所认证,但此一家的话这就是第一

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ



(日本語訳)

日本《朝日新聞》サイトの報道によると、日本長崎県大村市の長い街道で7日、寿司制作イベントが行われた。人々は当地名産の押し寿司―“大村寿司”を使って、日本で一番長い記録に挑戦した。イベントは1200人が参加し、制作した寿司は280メートルに達した。
特製の木造模型にご飯、野菜、千切りたまご、紅ショウガをつめ、寿司は出来上がった。建市70周年を記念して、人々は広さ4センチの寿司を作り、全部で7千個に切り分け、出来上がった寿司を味わった。
現地商店協会などは「飲食文化で人々の故郷に対する愛を深める」ことを計画し、彼らはギネス記録などの認定証はないが、「ここのが一番」と語った。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

押して押して280メートル 1200人寿司作り 長崎


長崎県大村市のアーケードで7日、名物の押しずし「大村寿司」で日本一の長さに挑むイベントがあった。約1200人が力を合わせ、280メートルを連ねた。
 特製の木型に酢飯を詰め、具や錦糸(きんし)卵、紅ショウガをのせた寿司は、市制70周年にちなんで4センチ角で7千個に切り分けられ、みんなで味わった。
 地元商店会などが「食文化を通じて故郷をもっと愛して」と企画。ギネスブックなどに認定はされないものの「オンリーワンこそナンバーワンです」。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス