中国女性日本市民に切り絵を教える 中国伝統の手工芸を伝える | 日中ニュース比べ読み
2012-02-01 19:23:10

中国女性日本市民に切り絵を教える 中国伝統の手工芸を伝える

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中国女子教日本市民学剪 华传统手工

  中新网
21 据日本新华侨报道,一把剪刀,一。在手中,用剪刀剪几下,就剪出一幅精美的窗花。空的花,笔笔接,述着一个个人的故事。就是中国的传统手工的魅力。在外国人眼中,中国人手中的剪刀是非常神奇的。日前,在日本的中国国交流日本市民举办了一
  1
29日,中国的家家户户还沉浸在春的喜中,在日本松江担任国交流的中国女子日本人能了解中国人春娱乐,在图书馆为当地的家庭举办了一次中国剪
  马
媛来自中国西北地区的宁夏回族自治区。大年剪窗花在当地是非常盛行的俗。每逢候,家家户户 女人都会家里准各式各的窗花剪,大年三十晚上,着全家人一起窗花。20094月,媛作交流来到了日本,使媛有机会向日本民众展示中国民的各种

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新ネット2月1日、日本新架橋ネットニュースの報道によると、はさみと色紙、手でぐるぐると回し、はさみで何度か切れば、きれいな切り絵の出来上がり。透かし彫りの模様、一本いっぽんのつながりが、感動的なストーリーを語っている。これこそが、中国の伝統手工芸切り絵の魅力である。外国人の目には、中国人の手の中のはさみが、たいへん珍しいものに見える。数日前、日本の中国国際交流スタッフが日本市民のために切り絵体験イベントを開いた。
 1月29日、中国の家々ではまだ春節のお祝いモードが漂う中、日本島根県松江の国際交流スタッフを担当する中国人女性馬媛さんが日本人に中国人の春節の娯楽イベントを理解してもらおうと、県立図書館で現地の家族のために中国切り絵体験イベントを開いた。
 馬媛さんは中国西北地区の寧夏回族自治区からやってきた。新年を迎える際の切り絵作りはそこでは非常に盛んな風習である。毎年、春節になると、どの家の女性たちも自ら、自分の家のために様々な切り絵を準備し、家族全員でその切り絵を貼るのだ。2009年4月、馬媛さんは国際交流スタッフとして日本の島根県にやってきた。馬媛さんには、機会があれば日本の民衆の方に中国の民間の様々な風習を伝えてもらおう。


(日本の記事)

→日本の記事のページへ

体験教室:中国の旧正月「春節」の切り絵作り 松江で交流員指導 /島根

 中国で旧正月(春節)を祝う際に飾られる切り絵の体験教室が29日、松江市内中原町の県立図書館であり、親子連れら約25人が県国際交流員の中国人女性馬媛(まえん)さん(28)の指導で切り絵に挑戦した。
 馬さんは、中国西北部の寧夏回族自治区出身。09年4月に国際交流員として島根にやってきた。中国では、旧暦の正月(今年は1月23日)にさまざまな形の切り絵を窓ガラスなどに張り付け、新しい 参加者は手本を参考に、鉛筆でトンボやパンダ、花びらなどの絵を描いた紙を折ってはさみで切り抜いていった。馬さんは、流ちょうな日本語で作り方を説明したり、悪戦苦闘している子どもにアドバイスしたりしていた。
 家族と参加した同市大輪町の高塚太郎君(3)は「難しいけど、楽しかった。家でもお母さんと一緒に作りたい」と話していた。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス