台湾男性日本で少女二人を殺害後逃亡 アイドルのコンサート現場で逮捕 その2 | 日中ニュース比べ読み
2012-01-11 09:54:08

台湾男性日本で少女二人を殺害後逃亡 アイドルのコンサート現場で逮捕 その2

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

台男子在日两少女后逃亡 演唱会现场追星被

  警开到警署前的道,嫌下,乘警察不,拿出藏的尖刀刺,送医不治。
  警
视厅表示,在警上曾自白,“我是用水果刀了林同学和朱同学。”“和我的人,感到非常抱歉。”
  日本警
视厅犯罪策二课课长藤永和:“于嫌犯自身亡,我感到非常憾。”
  台湾“刑事局国
科”昨晚与日方系后,确认张在死前向日本警方坦承害林、朱两名女学生,同时张嫌死前也向被的女学生及自己家人表达不起。
此外,
在箱型内面通中文的日警询问时,也坦承犯下行窃罪,但究竟他何?在何何地行窃何物?日警都一步了解

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

パトカーが警察署前の車道に着いた際、張容疑者は車から降り、警察の隙を見て、隠し持っていたナイフで首を指し、自殺した。病院に運ばれたが、助からなかった。
 警察庁は、張志揚はパトカーの中で彼らに対し、「私が果物ナイフで林さんと朱さんを殺した。」「彼女たち二人と私の親族に対し、本当に申し訳なく思う。」と自ら話した、と述べた。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

台湾留学生殺害:容疑者自殺「検査や監視不十分」 警視庁

東京都台東区のマンションで台湾人留学生の女性2人を殺害したとして指名手配されていた台湾籍の張志揚(ちょう・しよう)容疑者(30)が任意同行中に自殺した問題について、警視庁は10日、「容疑者の所持品検査や動静監視などが不十分だった」とする緊急調査結果を発表した。警視庁は、任意同行時に検査を徹底するよう通達を出し、11日には緊急副署長会議を開き、周知を図る。
警視庁によると、蔵前署捜査本部の捜査員が張り込んでいた名古屋市中区の劇場で張容疑者を発見したのは、9日午後6時20分ごろ。8人で取り囲み、任意同行を求めた。この際、本人の同意を得て、ズボンやコートのポケットを調べ、ベルトの周りや太ももの周辺を手で確認した。
 捜査車両に乗り込んだ張容疑者は、愛知県警中署への移動中、捜査員に挟まれる形で後部座席に座っていた。しかし、捜査員が目を離したすきに隠し持っていたナイフで自分の首を切った。「うっ」という声に捜査員が気づいた時には、すでに刃物が首に刺さっていたという。張容疑者はズボンにナイフを隠し持っていたとみられる。
 警察官職務執行法は、警察官が任意で質問することを認める一方で、逮捕前の身体検査を強制することは認めていない。任意同行を求められた容疑者が自殺を図るケースは過去にもあり、00年2月には京都府の小学2年の男児を殺害したとして府警から任意同行を求められた容疑者が団地から飛び降り、死亡した。
 張容疑者には逮捕状が出ており、発見時に逮捕することも可能だったが、警視庁は、指紋などで本人確認する必要があり、任意同行にも応じたとして、「問題はなかった」としている。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス