日本の明仁天皇が新年のあいさつ | 日中ニュース比べ読み
2012-01-03 10:57:40

日本の明仁天皇が新年のあいさつ

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

日本明仁天皇表新年贺词

日本天皇明仁
2日在京皇居行新年朝动时发表新年贺词,祝愿日本国民新年利,并祈愿世界和平和人民幸福。
明仁天皇在
贺词:“很高能和大家一起祝新年。去年因日本大地震和各地暴雨等造成灾害。是令人痛心的一年。受灾民众的状况依然峻,但灾区重建也取得展。希望各位国民今年一切利。此新年之,我祈愿世界平安和人民幸福。”
  除明仁天皇外,皇后美智子、德仁皇太子、雅子皇太子妃、文仁
王等15名皇族成出席,大批民众和游客前往朝员说当天朝人数达7万余人。明仁天皇夫将于今年311日本大地震1周年之出席日本政府举办的追悼式,此外5月赴仙台出席国

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

日本の明仁天皇は2日、東京の皇居で行われた新年参賀イベントの際、新年のあいさつを発表し、日本国民が新年を順調に過ごせることを祈り、世界平和と国民の幸福を祈った。
 明仁天皇は新年のあいさつで、「皆さんと一緒に新年をお祝いできることを嬉しく思います。去年は東日本大震災と各地の暴雨などの災害が起こり、心の痛む一年でした。被災された民衆の皆さんの状況は依然として厳しいですが、被災地の復興も進んでいます。国民の皆さん一人ひとりが今年は一切のことが順調にいくことを願っています。新年の場をお借りして、世界の平和と国民の幸せを祈ります。」と述べた。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

天皇陛下「少しでも良い年に」=皇居で新年の一般参賀

新年恒例の一般参賀が2日、皇居・宮殿の東庭で行われ、7万770人が訪れた。天皇陛下は皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら皇族方とともに、長和殿のベランダに立たれた。


 あいさつで陛下は、東日本大震災や豪雨災害に見舞われた昨年を「心の痛む年でした」とし、被災者を案じた上で、「被災地の復興が進み、この年が国民一人ひとりにとり少しでも良い年となるよう願っています」と述べ、参賀者に笑顔で手を振って応えた。 


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス