中日“トイレ文化” の違い以外の方向性 その1 | 日中ニュース比べ読み
2011-11-27 18:31:27

中日“トイレ文化” の違い以外の方向性 その1

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

日本媒:中日“所文化”差异之外的走

 中新网
1125 《日本新华侨报25日刊文,中日两国的“所文化”不有差异,更有交流和融合。可以这样讲,一个国家的“所文化”,反映着一个民族的生活习惯,也体着一个国家的文明程度。“所文化”了一种走向海外的“软实力”。中日两国如何自身的“所文化”与世界接、如何提高种“软实力”,都是应该的。

  日本是一个
日众多的国度。令人不可思的是,1110日,是日本的一个特殊日——。通常看来,所作污纳垢之地,很多人都羞于提及。但在日本,所却形成一种独特的“所文化”。世界上大概没有哪一个民族,比日本人更看重所。日本不有“”,有“神”,甚至有“全国会”。日本人对优美如厕环境的追求永无止境,古色古香的、高科技的……能想到的,日本人基本全想到了;能用上的,日本人基本全用上了。方寸之地的所,已展示日本“所文化”的“浓缩版”
 但是,日本
然并不足于把“所文化”囿于内,更有心将其推广至海外。众所周知,2010年上海世博会期,日本展的“看点”之一,就是一套面向未来的具。一时观者如堵,不得不抽。近日,一场别开生面的“全日本专题会”在著名海港城市横滨举行。参加个研会的主要是来自世界各国的留学生。然,日本是希望借助种国性的研会,推助日本“所文化”的海外

→実際の記事のページへ

→記事読み動画へ


(日本語訳)

 中新ネット11月25日、《日本新華僑報》の25日発行の文章では、中日二か国の“トイレ文化”には違いだけではなく、交流と融合がある、としている。一つの国の“トイレ文化”はその民族の生活習慣を反映しており、その国の文明レベルをも体現していると言える。“トイレ文化”はまた海外に向けての“やわらかな実力”となった。中日2か国はいかにして自らの“トイレ文化”と世界を結びつけるか、いかにこの“やわらかな実力”を高上させるかを考えるべきである。
日本は祭日が多い国である。不思議なことに、11月10日は日本では特別な日―トイレの日な のである。通常では、トイレは汚い場所として、多くの人が話題にすることを恥じるであろう。しかし日本では、独特な“トイレ文化”を築き上げた。世界ではほとんど日本人だけトイレを重視する民族はいないであろう。日本には“トイレの日”だけでなく、“トイレの神”、“全国トイレ協会”まであるほどだ。日本人のトイレの環境のような優美に対する追求はとどまることを知らない。古色蒼然としているもの、ハイテクノロジーのもの・・・・思いつくものは、日本人はほぼ全て思いついている。使えるものは、日本人はほぼ全て使った。一寸平方の場所のトイレ、これはすでに日本の“トイレ文化”の“濃縮版”となった。
 しかし、日本は“トイレ文化”を島内に限定することに不満なようで、これを海外にも広げたいと思っているようだ。ご存知2010年上海万博の期間、日本館の“見どころ”のひとつが、まさに未来に向かったトイレ用具であった。一時、見学者が込み合い、仕方なく抽選で入場したほどだ。近日、新境地を開いた“全日本トイレのテーマに関する研究討論会”が海港都市として有名な横浜で開かれた。この研究討論会の参加者は主に、世界各国からの留学生であった。日本はこのような国際性の研究討論会の助けを借りて、日本の“トイレ文化”の海外発展をすすめたいようである。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス