オウム真理教裁判が終結 最後にはやはり死刑を告げられる | 日中ニュース比べ読み
2011-11-23 08:52:03

オウム真理教裁判が終結 最後にはやはり死刑を告げられる

テーマ:ブログ
奥姆真理教罪案终结 最后被告仍被判死刑

 日本最高法院
21回奥姆真理教成员远一的上持死刑判决,从而实际结对这一邪教所有被告的司法理,调查理累将近17年。
 最高法院主
法官金筑志宣判决藤的“一切罪行意在奥姆真理教,罪行残忍、没有人道,前所未”。判决书说:“被告在罪案中用科学知发挥重要作用,刑事任极重大,判死刑属罪有得”。藤有10时间修改判决。不,最高法院没有更判决的先例。
 麻原彰晃本名松本智津夫,
1984立奥姆神仙会,3年后改名奥姆真理教。麻原自称“神的化身”,要求信徒出家并“完全献身于教会,将全部身心及财产教主”。
 司法当局
定,奥姆真理教1994627日在日本松本市试验沙林毒气,致使6人死亡,大600人受1995320日在京地施放沙林毒气,致死12人,致5500人。另外,组织的成198911害反奥姆真理教律坂本堤及其妻子和1的儿子

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

  日本最高裁判所は21日、オウム真理教メンバー遠藤誠一の上訴を却下し、死刑判決を保った。これをもって、この邪教に対する被告の司法審理は事実的に終わった。調査と審理にかけた時間は累算して17年近くにおよんだ。
 最高裁判所主審裁判官の金築誠志は、遠藤の「すべての犯罪はオウム真理教を守るもくろみで、犯罪は残忍で人道にもとり、いまだかつてない」と判決書を読み上げた。判決書は「被告は犯罪の中で科学知識を濫用し、重要な役割を発揮し、刑事責任は極めて重く、死刑判決を下されるのは当然である。」とした。遠藤は10日間判決に対する修正を申請する時間があったが、最高裁判所は判決の先例を変更しなかった。
 浅原彰晃本名松本智津夫は、1985年オウム神仙会を創立し、3年後にオウム真理教と改名した。麻原は自らを“神の化身”と呼び、信徒に出家し、“完全に教会に献身し、すべての心身と財産を教主にわたす”ことを要求した。
 司法当局は、オウム真理教が1994年6月27日、日本長野県松本市でサリンの試験をし、6人を死亡させ、約600人を負傷させた事件、1995年3月20日に東京の地下鉄でサリンをまき、12人を死亡させ、約5500人を負傷させた事件を認めている。このほか、この組織のメンバーが1989年11月反オウム真理教弁護士坂本堤さん及びその妻と当時1歳の息子を殺害したことを認めた。


(日本の記事)

→日本の記事のページへ

死刑執行「慎重に判断」 オウム裁判終結受け平岡法相

 平岡秀夫法相は22日の記者会見で、オウム真理教事件の刑事裁判が事実上終結したことを受け、確定した死刑囚の刑執行について「これまで通り慎重に判断したい」と述べた。
 公安調査庁が教団に対する観察処分の更新に向け作業していることにも触れ「国民が安心して暮らせるための役割を果たしたい」と話した。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス