中国の人口発展に大きな障害 性別のアンバランス問題が日増しに厳しく | 日中ニュース比べ読み
2011-10-23 14:22:37

中国の人口発展に大きな障害 性別のアンバランス問題が日増しに厳しく

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中国人口发展存多重阻碍 性别失衡问题日益严重

 本周,据媒体报道,联合国最新统计数字显示,世界人口将在本月内突破70亿大关。世界总人口在12年间增长了10亿。根据预测,2025年世界人口将突破80亿,本世纪末将会突破100亿。
  人口问题引发的一系列经济社会问题正在日益加剧。联合国一份报告指出:“如果我们无法控制增长幅度,地球自然生态系统将会崩裂,人类将面临灭顶之灾。”
  2010年第六次全国人口普查数据公报显示,我国总人口(含港澳台)为13.7亿多人。与第五次全国人口普查相比,十年增长5.84%,年均增长0.57%。这比1990年到2000年的年均增长率下降0.5个百分点。尽管中国人口数量增长明显放缓,然而人口结构问题正日益凸显。面对世界人口突破70亿大关这一严峻现实,中国未来人口发展能否持续带来积极的经济社会效应,中国人口红利能否延续,成为社会各界普遍关注焦点。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ



(日本語訳)

今週、メディアの報道によると、連合国最新統計で、世界人口が今月中に70億を突破する見込みであることがわかった。世界の総人口は12年の間に10億増えた。予測では、2025年に世界人口は80億を突破し、今世紀末には100億を突破するとみられている。
 人口問題が引き起こした経済社会問題日ましに激化している。連合国のある報告では、「もし我々が増長幅を抑制できなければ、地球の自然生態システムは崩れ、人類は溺死してしまうだろう。」と指摘した。
 2010年第六回全国国勢調査のデータでは、我が国の総人口(香港、マカオ、台湾を含む)は13.7億人以上である。第五回全国国勢調査と比べ、10年で5.84%増長し、年間平均0.57%増長している。これは1990年から2000年の年平均増長率と比べ、0.5%減った。中国の人口の増長は緩まってはいるが、人口構成問題は日ましに露わになっている。世界人口が70億を突破した、この厳しい現実に直面し、中国の未来の人口発展がポジティブな経済社会効果をもたらせるかどうか、中国人口配当金の延長ができるかどうかが、社会各界の普遍的な注目点となっている。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 中国の人口問題が岐路に差し掛かっている。問題の焦点は、増加そのものによる危機ではなく、中身とアンバランスによる危機だ。全体数が増加する一方で、資質があまりにも低く、構造上と分布上のバランスが失われつつある。人民日報が報じた。


  「十二五(第12次五カ年計画:2011-2015年)」綱要では、「人口の長期的かつバランスの取れた発展促進」なる戦略目標が打ち出された。30数年前の中国の人口爆発は、経済社会発展のボトルネックだったが、今日では、人口の資質、構造、分布上の問題が持続可能な発展を妨げる要因となっている。

  中国の総人口は年間800万人前後増え続けており、数の多さは、長期的かつスムーズな経済発展を阻む大きな圧力となっている。国民の素質が全体的に低いことは、経済社会の持続可能な発展と国家競争力の向上の足かせとなっている。


   年齢・性別構成のアンバランスも、主要な人口問題のひとつだ。10年後には多くの適齢期男性が結婚難に陥り、30年後には国民の5人にひとりが65歳以上の高齢者になる見通しで、「結婚難」と「豊かになる前に老いる」という局面が互いに織り成す未来予想図は、社会の安定と人々の幸福感に影響を及ぼす恐れがある。


  さらに、人口分布における地域間のアンバランスも顕著化している。「十二五」期間中に、都市部人口は7億を上回り、全国の流動人口は2050年には3億5000万人前後に達すると予想される。農村に残った人々が「人口のくぼみ」を形成し、新農村建設の主体が不在となる事態に陥っている。


  「十二五」綱要では、「計画生育という基本的国策を堅持し、政策の改善を段階的に進める」方針が確に打ち出された。政府は今後5年間で、各種のアンバランスをただし、都市・農村という二元化構造を打破し、人口の一元化な管理実現を図る。(齢・性別構成のアンバランスも、主要な人口問題のひとつだ。10年後には多くの適齢期男性が結婚難に陥り、30年後には国民の5人にひとりが65歳以上の高齢者になる見通しで、「結婚難」と「豊かになる前に老いる」という局面が互いに織り成す未来予想図は、社会の安定と人々の幸福感に影響を及ぼす恐れがある。


  さらに、人口分布における地域間のアンバランスも顕著化している。「十二五」期間中に、都市部人口は7億を上回り、全国の流動人口は2050年には3億5000万人前後に達すると予想される。農村に残った人々が「人口のくぼみ」を形成し、新農村建設の主体が不在となる事態に陥っている。


  「十二五」綱要では、「計画生育という基本的国策を堅持し、政策の改善を段階的に進める」方針が確に打ち出された。政府は今後5年間で、各種のアンバランスをただし、都市・農村という二元化構造を打破し、人口の一元化な管理実現を図る。



二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら


タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス