広東省委書記、女児ひき逃げ事件を真剣に反省することを要求 | 日中ニュース比べ読み
2011-10-22 14:19:44

広東省委書記、女児ひき逃げ事件を真剣に反省することを要求

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

广东省委书记要求真反思女童遭两事件

省委常委会
议传达学十七届六中全会和温察广重要讲话精神
  建
文化 打造“广精神”
  汪洋要求
真反思“小悦悦事件” 努力提升全社会道德水平
真学
习贯彻党的十七届六中全会精神,切加大文化省建力度。
  着重突出提
打造“广精神”、推文化民生工作、做大做广文化产业、擦亮叫响广文化品牌等方面工作。
针对
最近我省生的“小悦悦事件”,汪洋在常委会上要求真的反思,贯彻全会精神,采取极有效的行,努力提升全社会道德水平。
  本
报讯 1020日下午,中共广省委召开常委会达学党的十七届六中全会精神,研究我省贯彻。省委书记汪洋主持会并作重要讲话强调要把真学、深刻会、深入贯彻全会精神作当前和今后一个期的重要政治任,全力以赴抓好落。会议还认真学了温家宝理重要讲话精神,强调定信心,应对,扎做好我省外经贸发展工作,努力开我省外经贸健康协调发展新局面

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)





(日本の記事)

→日本の記事のページへ

中国広東省でひき逃げされた2歳の女児を通行人が助けず、薄情で無責任な中国社会の現実に衝撃が走る中、有名弁護士20人以上が団結し、道徳社会を構築しようと「冷漠(薄情)停止連盟」を立ち上げることが21日までに分かった。

 遅夙生、胡益華両氏ら著名弁護士がミニブログ「微博」で宣言した。女児ひき逃げでは素通りした18人の通行人に批判が集中したが、自分に疑いの目が向けられるのを避けるために助けようとしないケースが多い。このため弁護士は「連盟」を発足させ、困っている人の手助けをして万が一疑いが掛けられれば、無料で法律面での支援を行うことにしたという。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら


タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス