日本で9種類の漢方薬原料から放射性セシウムを検出 市場には流通していない | 日中ニュース比べ読み
2011-10-15 17:00:44

日本で9種類の漢方薬原料から放射性セシウムを検出 市場には流通していない

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

  日本9种中原料被出放射性 未在市

  中新网
1015 据日本共同社道,14日从日本方生(中草)剂协悉,力福第一核站事故后,以北、关东为主的17个市所生的中原料中,9种草23本被检测出最高每公斤1910克勒的放射性。据日本厚生劳动省介23本都没有被加工生,因此没有在市上流通。
  日本厚
省同日通知各地方政府指导药品生产销售商检查原料是否含有放射性物,即使出微量,也要遵循《事法》停止使用原料。
  该协
17个都35种草109行了检测。一种用于治副鼻炎的名叫辛夷的草,被检测出每公斤1910克勒的放射性。此外,黄柏、山白竹叶等也被检测出放射性物

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新ネット10月15日、日本共同社の報道によると、14日、日本漢方薬製剤協会から、東京電力福島第一原子力発電所の事故後、東北、関東を中心とした17の市県で生産された漢方薬の原料のうち、9種類の薬草の23のサンプルから最高で1キログラムあたり1910ベクレルの放射性セシウムが検出されたことがわかった。日本厚生労働省は、この23のサンプルは生産加工されておらず市場には流通していない、と発表した。
日本厚生労働省は同日、各地政府に薬品生産販売店を徹底的に検査し、原料に放射性物質が含まれていないかを調べ、たとえ微量でも《薬事法》により、この原料の使用を停止することを通知した。
この協会は17の都県の35種類の薬草の109のサンプルに対し検測を行った。


(日本の記事)

→日本の記事のページへ

  今年3月以降に採取された漢方薬の原料に使用する国産生薬35種類109検体について、日本漢方生薬製剤協会が放射性物質の検査を行ったところ、9種類23検体で放射性セシウムが検出され、このうち3種類9検体は食品衛生法の暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)を超えていたことが14日、日本製薬団体連合会(日薬連)の報告で分かった。
  現在製品化されている漢方薬で3月以降に採取した生薬を使っていたのは1製品のみで、この製品の生薬からは放射性物質は検出されていない。
  薬事法は、放射性物質が少しでも検出された生薬を含む漢方薬の販売を禁じている。日薬連から報告を受けた厚生労働省は同日、各都道府県を通じ、医薬品製造販売業者などに対して、念のため3月以降に採取した生薬を使用した漢方薬を自主回収したうえで、今後は生薬を生産する市町村単位ごとに検査を行うことなどを求めた。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス