日本の村山富市元首相にインタビュー:中日友好はまず、歴史に目を向けること | 日中ニュース比べ読み
2011-09-26 15:15:43

日本の村山富市元首相にインタビュー:中日友好はまず、歴史に目を向けること

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

  中国人民的老朋友来了。“我此次来中国参加了一系列的和平念活”。他就是程来参加国和平日念活的日本前首相村山富市先生。
  这
位老朋友“已经远离了政界,作一个普通国民着安生活”。但仍了中日和平友好四奔走。他也是日本史上继细熙之后第二位以首相身份向二洲受害国道歉的政治家。
 利用参加
念活歇,村山在下榻的酒店接受了中新社者的采访,用如此近距离的方式与者面面交流。他,“中国作为东地区最大的国家,我也期待着中国为东地区的和平展作出更多献。”
  很
令人相信眼前的村山是一位年近九十的老人。他目光矍,思敏捷,吐清楚:“中日两国在世界的地位决定了中日两国的关系世界来都是重要的。两国和平相,将是整个洲乃是世界和平事献。”

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

 中国人民の昔からの友がやってきた。「私は今回中国に一連の平和記念活動に参加するために来た。」。彼こそが、国際平和日記念活動に参加するためにやってきた、日本の元首相の村山富市さんだ。
 この友は、「すでに政界からは遠く離れ、一般の国民として穏やかな生活を送っている。」
 しかし、中日平和友好のために、いまだあちこち駆け回っている。彼は日本の歴史上では、細川熙之の後を継ぎいで二人目となる、首相の身分で第二次世界大戦で被害を受けたアジア国に対し、謝った政治家である。
 記念活動に参加する合間を利用して、村山さんは宿泊していたホテルで中新社記者のインタビューを受け、このような近距離で記者と面と向かって交流した。彼は、「中国は東北アジア軸最大の国として、私も中国が東北アジア地区の平和発展のためにより多くの貢献をしてくれることを期待している。」と述べた。

 目の前にいる村山さんは、90歳近くの老人であるということは、信じがたい。彼の目は矍鑠としており、思考がはやく、言葉もはっきりしている。「中日両国が世界の地位において、中日両国の関係が世界にとって重要であるということを決めた。両国の平和な付き合いは全てのアジアはほかでもなく、世界平和事業の貢献である。」



(日本の記事)

→日本の記事のページへ




二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら




タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス