専門家「中国では毎年200万トンを超す下水油が食卓へ戻ってきている」 | 日中ニュース比べ読み
2011-09-15 13:55:35

専門家「中国では毎年200万トンを超す下水油が食卓へ戻ってきている」

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

  公安部公布破获团伙生产销售食用地沟油案件引来全国性舆论反响,华农食品科技学院教授王承明昨日接受本报专访时表示,不可低估地沟油重返餐桌的全国规模及其造成后果的严重性。
  从事油脂加工研究方向的王承明分析,用全国每年食用油使用量,减去每年国内食用油产量和进口量,两者差值可能就是地沟油的使用量,这个推算的数字不可能十分准确,但基本上能反映地沟油重返餐桌的全国规模。
  他说,2009年,这个差值是400万-500万吨,而我国一年食用油的消费总量大约是2250万吨,可见情况的严重性。有专家说,,那是比较保守的数字。
  王承明说,地沟油查处一个重要的难点是没有统一的鉴定标准。按食品学院的定义,废弃食用油都是地沟油;而原初的“地沟油”是指从地沟里掏出的食用油。更科学的标准,可能要综合定义,达不到食用油标准的食用油是地沟油。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)
 
 公安部が公表した下水油を食用として生産して売っていたグループが逮捕された事件は、全国の世論の反響を引き起こした。華農食品科技学院王承明教授は昨日、本報のインタビューで、下水油の食卓へ戻る全国規模及びそれが引き起こす結果の重大性は過小評価できない、と述べた。
 油脂加工研究方面に携わる王承明は、全国年間の食用油使用料から年間国内食用油生産量と輸入量を引き、両者の差値がおそらく下水油使用料である、と分析した。この推計の数字は十分に正確とは言えないが、基本的には下水油の食卓へ戻る全国規模を反映している、とした。
 彼は、2009年、この差値rは400万~500万トンであり、輪が濃く一年あたりの食用油の消費総量はおよそ2250万トンであることから、情況の重大性がうかがえる、と述べた。ある専門家は、それは比較的保守的な数字である、と述べた。
 王承明は、下水油の取り締まりの重要な難点は統一した鑑定基準がないことだ、と述べた。食品学院の定義によると、廃棄食用油はすべて下水油であり、もともと“下水油”とは地下溝から取り出した食用油を指す、という。さらに科学の基準では、おそらく総合定義が必要で、食用油基準に達しない食用油は下水油だ、とした。


(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 中国国営新華社通信は、飲食店の捨てた食用油を下水から回収して新品の食用油として販売していたとして、当局が32人を逮捕したと伝えた。

 中国当局は国内14省で半年がかりの捜査を経て容疑者を逮捕し、製造施設6カ所を閉鎖させた。新華社通信は中国公安省の話として、100トン以上の「下水油」が見つかったと伝えている。

 中国英字紙チャイナ・デーリーなどの報道によると、問題の油は飲食店の排水路や豚肉、鶏肉などの脂肪の食べ残しから回収され、不法操業の工場で炭酸カルシウムを使って不純物を取り除き、アルカリで中和させて精製されていた。

 精製した油はパッケージを詰め替えて販売され、国営の検査機関で調べた結果、一部は安全基準を満たしていると判定されたという。

 新華社通信は今年5月にも、広東省にある不法操業の食用油製造施設2カ所が摘発されたと伝えていた。この工場にあった食用油のコンテナの中には、生理用ナプキンやポリ袋などのゴミが混じっていたという。





二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら


$日中ニュース比べ読み

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス