日本の地震発生から半年で1.57万人死亡 被災区で犠牲者を哀悼 | 日中ニュース比べ読み
2011-09-11 16:34:23

日本の地震発生から半年で1.57万人死亡 被災区で犠牲者を哀悼

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

  中新网911 据共同社道,日本北地区造成前所未有大灾日本大地震生距今已有半年。11日,日本各地灾民行追悼遇者的式,决心重建家园。
  据悉,
次地震引的海等灾害造成逾1.57万人死亡,至今仍有4000人下落不明。警方于11日新成立了特搜索,将主要在海上和海失踪者。的失踪者水量超2000人。
  宫
南三町当地时间上午10点在灾民安身的体育行了追悼式。
  参加者
默哀之后,町佐藤仁致辞。他表示:“重建之路有很多苦等待着我。我誓,要与全体町民团结一致建新的家园。”
  岩手
县宫古市的横山八幡宫举行了灾后重建祈愿活。各地当天行了各种形式的式。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

 中新ネット9月11日、共同社の報道によると、日本東北地区で起こったかつてない大災害である東日本大震災から今日で半年。11日、日本各地の被災者が犠牲者追悼の儀式を行い、ふるさと再建を誓った。
知るところでは、この地震が引き起こした津波などの災害により1.57万人以上が亡くなり、今だ、およそ4000人が行方不明である。宮城県警は11日、特別捜索隊を新たに設立し、主に海上や海辺で行方不明者を探す。宮城県の行方不明者は2000人に及ぶ。
 宮城県南三陸町現地時間午前10時、被災者の避難場所である体育館で追悼儀式が行われた。
 参加者たちの黙祷の後、佐藤仁町長があいさつを述べた。彼は。「再建の道はまだ多くの苦難が私たちを待ち構えている。私は町民全体と団結して新しいふるさとを建設することを誓う。」と述べた。
岩手県宮古市の横山八幡宮では、震災後復興祈願活動を行った。各地では当日、様々な形式の記念儀式が行われた。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 南三陸町にある消防署の庁舎は津波で大きな被害を受け、当時、消防無線で避難を呼びかけていたり、庁舎の前などで避難誘導に当たっていたりした7人の消防士が亡くなりました。震災から半年を迎え、津波に巻き込まれて亡くなった、消防士で指揮隊長だった佐藤武敏さん(56)の妻のせつ子さん(55)は、朝早くから庁舎の跡を訪れ、献花台に花や線香を手向けて一人静かに目を閉じて祈っていました。佐藤さんは震災当時、庁舎で現場の消防士などに無線で指示を出し続けていましたが、津波に巻き込まれて震災から4日後に死亡が確認されました。せつ子さんは「納骨して、もういないんだと分かっているけれども寂しいです。震災から半年が過ぎたので、これからは前を向いて、主人の分も長生きして、元のきれいな町になるのを見届けたい」と話していました。





二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス