中国、平和発展白書を発表 “強くなれば覇を唱える”を反駁 | 日中ニュース比べ読み
2011-09-06 17:04:20

中国、平和発展白書を発表 “強くなれば覇を唱える”を反駁

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新网北京96 中国国院新闻办公室今日布《中国的和平展》白皮,回世界关注,详细阐述中国所选择展道路。
13000多字的白皮,分“中国和平展道路的开辟”、“中国和平展的体目”、“中国和平展的外方政策”、“中国和平展是史的必然选择”、“中国和平展的世界意”五章,详细回答了“中国选择了一条什么展道路,中国的世界意味着什么?一世界集中关注的问题
2005
年,中国政府曾表《中国的和平展道路》白皮,首次全面系述中国走和平展之路的必然性和定决心,以及为实现这一目而采取的略方和政策措施。6年之后,中国政府再次表《和平展》白皮
  白皮
书说,中国多次向世界宣示,中国始不渝走和平展道路,在持自己和平展的同,致力于维护世界和平,极促各国共同展繁荣。在21第二个十年和中国共党成立90周年之,中国再次向世界重宣告,和平展是中国实现现代化和富民国、世界文明步作出更大献的略抉中国将定不移沿着和平展道路走下去

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新ネット北京9月6日、中国国務院ニュース事務室は今日《中国の平和発展》白書を公表し、世界の注目に答え、中国が洗濯した発展の道を詳しく述べた。
この13000字以上におよぶ白書は、“中国平和発展の道の開拓”、“中国平和発展の全体的な目標”、“中国平和発展の対外方針政策”、“中国平和発展は歴史の必然的な選択”、“中国平和発展の世界的意義”の五章で、“中国がどんな発展の道を選んだのか、中国の発展は世界にとってどんな意味があるのか?”世界が注目を集める問題に詳しく答えた。
 2005年、中国政府は《中国の平和発展の道》白書を発表し、はじめて全面系統的に中国が行く平和発展の道の必然性と固い決心及びこの目標を実現するためにとった戦略方針と政策措置を説明した。これは6年の年月を隔て、中国政府が再度発表した《平和発展》白書である。
白書は、中国は幾度も世界に、中国は始終変わらず平和発展の道を行き、自己平和の発展を守り通すと同時に、世界平和の維持に力を注ぎ、積極的に各国共同発展繁栄を促すことを宣言してきた。21世紀2度目の10年と中国共産党成立90周年に際して、中国は再度世界に、平和発展は中国が現代化と富民強国を実現し、世界文明の進歩のための、より大きな貢献の戦略選択である、と宣告した。中国は平和発展の道をそれずに歩んでいく。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 中国政府は6日「中国の平和発展」白書を発表した。同白書は、これまでの「強くなれば必ず覇を唱える」という大国の伝統的発展モデルを、中国は打破するなどと主張した。


  白書は、国際社会は古い「ゼロ・サム・ゲーム」を乗り越えるべきと主張。危険な冷戦や熱い戦い、人類が繰り返してきた戦争への道を乗り越え、人類が運命共同体として同じ船に乗り、強力によりともに勝利を勝ち取ることが必要だと論じた。
  白書は「必要なのは平和であり、戦争ではない」、「必要なのは発展であり、停滞ではない」、「必要なのは対話であり対抗ではない」、「必要なのは理解であり、隔絶ではない」などと主張し、「中国が平和発展の道を歩むのは、まさに時代を背景とした必然的な選択」と論じた。
  中国の国際的な影響については「ある地域での覇権や勢力範囲とすることは求めない」と宣言した。中国は常に「自ら努力し、開拓と進取、開放と包容」などを特徴とする“アジアの精神”を持ち続けており、アジアの他の国の「よき隣人であり、よき友であり、よきパートナーである」と主張した。
  中国の国防費については「合理的で適度であり、軍拡競争をすることはない」と説明。中国軍の現代化の基本的目的は「国家の主権と安全、領土の保全、国家利益を保証すること」であり、中国は「人がわれを犯さなければ、われも人を犯さない」ことを堅持すると論じた。
  核兵器については「中国は世界で唯一、核兵器を先に使わないと公式に宣言した国」と主張。これまで、安保理常任理事国として最多の延べ2万1000人を、平和維持のための国連活動に投じたと説明した。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス