歴史認識の相違と領土争いは続く 野田、中韓との外交をためされる | 日中ニュース比べ読み
2011-08-31 16:38:09

歴史認識の相違と領土争いは続く 野田、中韓との外交をためされる

テーマ:ブログ
(中国語記事)

  中新网831 即将出任日本新首相的野田佳彦划重新整日美关系,并希望全力构筑与中两国定的外交关系。日本共同社评论称,中两国被认为对野田的认识表示关切。由于日本与中两国之存在钓鱼岛、竹国称独)等土争议问题,野田的外交手腕将受考
   在
815日二战战败国日本投降日,野田重申,被称级战犯的人并非真正的争罪犯。此番言招致中两国的反此,野田在30日的者会上强调:“我不打算刻意宣扬历认识问题。我希望与洲建立双关系。”野田的访华总统李明博的访日能否实现将成焦点。


→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

  中新ネット8月31日、日本の新首相に就任した野田佳彦は、日米関係の調整をし直し、中韓両国の安定した外交関係を築きたい、とした。日本共同社はこれに対し、中韓両国は野田氏の歴史認識に対し強い関心を持っている。日本と中韓両国の間には釣魚島、竹島(韓国では独島)などの領土争い問題が存在するため、野田氏の外交能力がためされる、とした。
  8月15日の第二次世界大戦で日本が投降した日、野田氏は、
A級戦犯と呼ばれた人たちは、戦争犯罪人ではない、と繰り返し述べた。この発言は中韓両国の反感を引き起こした。これに対し、野田氏は30日に記者会で、「私は歴史認識問題を宣揚するつもりはない。アジアと関係を築きたい。」と強調した。野田氏の訪中及び韓国李明総統の訪日が実現するかどうかが焦点となる。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

  野田佳彦財務相が民主党代表に選出され、首相就任が確実となったことについて、米政府は日米同盟の「不変」を強調、中国政府は日中関係の「安定的発展」を求めた。ただ、中国国営メディアは野田氏を「対中強硬派」とみてけん制、欧米の通信社も「再び短命政権の可能性」を指摘した。【ワシントン古本陽荘、北京・工藤哲】
  米国務省のヌーランド報道官は29日の記者会見で、「日米両国が直面している幅広い課題について、次期首相と緊密な協力関係を続けていくことを期待している」とコメント。さらに「日米関係は共通の利益と価値に基づくもので、同盟はあらゆる首相の下で繁栄してきた」と語り、首相交代による影響は限定的との認識を示した。
  一方、中国外務省の馬朝旭報道局長は29日、「日中が努力し、(双方とも実利を得られる)戦略的互恵関係を健全かつ安定的に発展させることを望む」との談話を発表。ただ、中国国営新華社通信(英語版)は29日の論評記事で、尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題について「中国領であると尊重すべきだ」と指摘。「どの政治家も靖国神社を参拝すべきではない」とし、「中国の核心的利益を尊重すべきだ」と主張した。
  一方、ロイター通信は29日、現政権と同様、衆参両院での与野党逆転のねじれ、与党内分裂、東京電力福島第1原発事故への対応など克服すべき深刻な課題の多さを指摘。「日本の首相は06年以来、在任期間が1年を大幅に超えることはなかった」と指摘した上で、「新政権も短命に終わるだろう」との専門家の見方を紹介した。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス