日本「福島の一部被災者、放射能漏れで帰宅できるのは20年後」 | 日中ニュース比べ読み
2011-08-28 18:59:45

日本「福島の一部被災者、放射能漏れで帰宅できるのは20年後」

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

   日本政府日前在福行的“福再生协议会”上宣布,因福第一核站事故而遭放射性物质污染的部分地区,每年的射量达到200毫希沃特,可能需要20年以上的时间污染才能降解,灾民才可能回家。
   核
站事故担当相野豪志在协议束后的者会上:“今后将努力加快清除放射性物然必竭尽全力,但是必要直面很多人在相当时间内都以回家的现实。”
   日本政府所推算的是,在不采取清除放射性物
措施的情况下,放射性-137-134自然衰减,射量降低到每年20毫希沃特以下所需的时间射量每年20毫希沃特是居民回家的安全线。根据推算,在的射量在每年100毫希沃特的地区,要10年左右才能达,而50毫希沃特的地区需要4年左右。
   日本政府
26日公布清除放射性物的基本方,提出在今后2时间里,要通自然力量减少40%的放射性物,人工再清除10%20%的放射性物一基本方针虽然公布了射量在50毫希沃特以下地区的推算果,但并没有明高染地区的居民何才能回家。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

  日本政府は先日福島市で開かれた“福島復興再生協議会”で、福島第一原子力発電所事故により放射性物質汚染に遭った一部の地区では、年間の放射量が200ミリシーベルトに至り、汚染から解放され、被災住民が帰宅できるには20年以上の時間が必要だろう、と発表した。
  原発事故担当相の細野豪志氏は協議会が終わった後、記者会で、「今後放射性物質をはやく取り除くために、努力していく。全力を尽くしても、多くの人が相当長い時間帰宅するのが難しい現実に直面しなければならない。」と話した。
  日本政府が推測するのは、放射性物質除去措置をとらない場合、放射性セシウム137とセシウム134が自然衰滅し、放射量は年間20ミリシーベルト以下まで下がる。放射量が年間20ミリシーベルトという数字は、住民が帰宅するのには安全範囲である。推測によると、現在の放射量は年間100ミリシーベルトの地区で、目標に達するには10年前後、50ミリシーベルトの地区では4年前後かかるという。
  日本政府は26日に放射性物質除去の基本方針を発表し、今後2年間で、自然力量によって40%減少した放射性物質と人工で更に10%~20%除去した放射性物質を提起した。この基本方針は、放射量が50ミリシーベルト以下の地区の推測結果は発表しているが、高放射汚染地区の住民がいつ帰宅できるかまでは説明がない。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 政府は27日、東京電力福島第1原発事故で放射性物質に汚染された地域のうち、年間の被ばく線量が200ミリシーベルトと推定される場所では、線量が下がり、避難している住民が帰宅できるまでに20年以上かかる可能性があるとの試算結果を、福島市で開かれた「福島復興再生協議会」で示した。
 放射性物質を取り除く除染などをしない場合に、セシウム137や134が時間経過とともに減少することや雨や風で地表面からなくなることにより、帰宅の目安となる年20ミリシーベルト以下になるまでの期間を求めた。現在の推定線量が100ミリシーベルトの場所は10年程度、50ミリシーベルトの場所では4年程度となる。
 細野豪志原発事故担当相は協議会の終了後、記者団に「除染でどれぐらい前倒しできるかに挑戦する。やり切らなければならないが、かなり長期間、帰宅が難しい人が出る現実も直視しなければならない」と述べた。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス