日本で50人の国会議員が靖国神社を参拝 自民党総裁自ら赴く | 日中ニュース比べ読み
2011-08-15 16:43:03

日本で50人の国会議員が靖国神社を参拝 自民党総裁自ら赴く

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

菅直人赴“战殁者墓苑”献花 阁僚无人参拜靖国神社 

日本首相菅直人在
815日上午前往京千渊“殁者墓苑”献了花。道称,预计和去年一,日本首相及全体僚均不会在今天参拜靖国神社。
  菅直人曾表示“因
存在甲级战犯合祀等问题,首相和僚以公身份行参拜存在问题”,反复重申在任期内不会参拜靖国神社。菅直人内中也无人表示会在815日当天参拜。
道称,自民党政期任首相的小泉一郎等人参拜靖国神社,招致中等国的烈反,令日、日中双关系冷。去年815日,民主党上台后的首个日本战败日整个内无人参拜,在从上世80年代日本政府要人参拜问题开始受到关注以来尚属首次

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

菅直人“戦没者墓苑”を訪れ献花 閣僚は一人も靖国神社参拝せず

  日本の菅直人首相は8月15日午前、東京千鳥淵の“戦没者墓苑”で献花した。報道は、去年同様、日本首相及び閣僚全員は今日靖国神社を参拝しないだろう、とした。
  菅直人は以前、「A級戦犯合祀の問題などから、首相と閣僚は公職身分で参拝を行うのは問題がある。」と述べていた。また、任期内には靖国神社参拝はしないと重ねて言明した。菅直人内閣の中にも、8月15日当日に参拝をする意志を述べていたものはいなかった。
  報道は、自民党政権時期には、首相であった小泉純一郎などが靖国神社参拝を参拝し、中国、韓国などの国の強烈な反発を招き、日韓、日中双方の関係はたちまち冷えきった。去年の8月15日、民主党が政権を握った後初となる日本終戦日にはすべての内閣が参拝をしなかった。これは前世紀80年代に日本政府参拝問題が始まってから注目を集めて以来初めてとなった。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 菅直人首相は終戦記念日の15日午前、都内の千鳥ケ淵戦没者墓苑で献花した。首相と全閣僚は昨年に続き、東京・九段北の靖国神社参拝を見送った。一方、国民新党の森田高総務政務官は、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・古賀誠日本遺族会会長)の一員として参拝した。
 首相は靖国参拝について「A級戦犯合祀の問題などから、首相や閣僚の公式参拝には問題がある」と、在任中は参拝しない考えを繰り返し表明している。
枝野幸男官房長官は15日午前の記者会見で、A級戦犯分祀について「宗教法人の信教の自由の問題であって、政府としてコメントする立場ではない。コメントすれば政教分離に反する」と強調。新たな追悼施設に関する調査費の2012年度予算への計上については「白紙だ」とした。
 自民党の谷垣禎一総裁と安倍晋三元首相は15日午前、それぞれ靖国神社に参拝。安倍氏は記者団に「国のため命を懸けた方々に敬意を表するのは当然だ」と強調した。首相と全閣僚が参拝しないことについては「菅政権の判断だ」と述べるにとどめた。
 政権交代後、初の終戦記念日となった昨年は、政府要人の参拝が注目され始めた1980年代以降、初めて首相と全閣僚が参拝しなかった。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス